【スト6】今夜勝ちたいモダンタイプ・キンバリー攻略

本記事では、『ストリートファイター6』(以下、『スト6』)に登場するキンバリーのモダンタイプによる基本戦術やコンボをご紹介します。

モダンキンバリーの強み


モダン適正度:★★★☆☆(5点評価)

モダンキンバリーは弱を連打すれば武神獄鎖拳が出せるところと中を連打すれば中・中まで繋いでくれる点、また苦手な対空技をワンボタン武神旋風脚で早めに落とすことができるメリットなどがある。操作自体はアシストボタンを多用するためやや複雑になるがアシストコンボが優秀なので、キンバリーを触ってみたいプレイヤーは試してみるといいだろう。

【キンバリーのとりコレ】
けん制 :ア+中、6+強
対空  :しゃがみ強、OD武神旋風脚
ジャンプ:ジャンプ強、ジャンプ2中

【モダンで出せなくなる技】
立ち弱K、しゃがみ中P
ジャンプ弱P、ジャンプ中K、ジャンプ強P

モダンキンバリーの基本戦術

歩くスピードが速く地上ではリーチの長いア+中を置いておくのが強いキンバリー。ア+中からはそのままアシストコンボ2を決めてもいいが、できればドライブラッシュ~ア+強で接近するのがオススメ。ガードされても有利なので投げで崩しを狙える。ヒット時はそのままアシストコンボ3(ア【強・強・強・強・強】)を叩き込もう。中距離からは飛び蹴りを放ちつつヒット後に好きな方向に2段ジャンプできる6+強も混ぜていこう。これらで地上戦を意識させた後は、キンバリーお得意のジャンプからジャンプ2中の手前落ちとジャンプ強で上から飛び込んで攻めたい。相手を飛び越しそうな場合はジャンプ弱でめくりを狙うといいだろう。

△地上戦はとりあえずア+中、たまに6+強くらいのノリで良い。ア+中には66を仕込んで置けばヒット時にドライブラッシュから連続技を狙える。

△キンバリーのジャンプ2中は早めに出すことで絶対に相手を飛び越えない特殊な軌道となる。密着から出せばガード崩しにも使えるぞ。

中間距離からのオススメの接近方法はドライブラッシュ~しゃがみ中(66+DP)。高速下段突進技として使える上に、ガード時は投げとしゃがみ強の二択を仕掛られる。しゃがみ強からは疾駆け(6+必)を入力しておけば暴れ潰しした際に連続技になる。ドライブラッシュ~しゃがみ中ヒット時は【立ち中・中】>疾駆け~影すくい(6必~2必)などのコンボで一気に画面端へ運ぶことができるぞ。

△接近する際に超便利なパリィドライブラッシュからのしゃがみ中。ガードさせてから投げる際は一歩歩かないと届かない点に注意。

ダウンを奪った際にガードを崩しにいく際は疾駆け~首狩り(6+必~6+必)を重ねるのが有効。中段判定でヒット時はダウンを奪えるので再度疾駆け~首狩り(6+必~6+必)を重ねたり、疾駆け~停止(6+必~4+必)から投げを狙ってガードをこじ開けよう。画面端では4+強の中段を狙いたい。ヒット時にしゃがみ弱>武神旋風脚(4+必)まで連続ヒットする上に再度4+強が重なるので強力な起き攻めをループすることができるぞ。

△ガード崩しの要となるのは疾駆け~首狩りや4+強による中段。相手からダウンを奪った際に重ねていこう。

遠距離でやることが無い時間帯は強OD彩隠形(2+ア+必)で上からドロンで接近しよう。相手の斜め上にワープして接近することができるので飛び道具に合わせると尚良し。その他にも飛び道具対策として有効なのが3+中のスライディング。先端を当てるようにすれば立ち弱が連続ヒットするので先端当ての距離を覚えよう。

△キンバリーのOD必殺技で最も強力と思われるOD彩隠形(2+ア+必)からのジャンプ強。お手軽に高速中段が仕掛けられるので対応できない相手に連打しよう。

対空技に使えるのは近めの飛び込みに対するしゃがみ強と遠めの飛び込みに対する武神旋風脚(4+必)。確実に落としたい場合はOD武神旋風脚(4+ア+必)を使っていこう。中でもしゃがみ強対空後は疾駆け~停止(6必~4必)で即停止してから着地に表裏択を仕掛けることができる。重要なダメージ源になるのでしゃがみ強→疾駆け対空を心がけよう。

△対空無敵のない武神旋風脚は頼りないのでしゃがみ強対空をメインに使おう。疾駆け~停止でキャンセルすれば着地に表裏択を迫ることができる。

モダンキンバリーとりコレコンボ

①:しゃがみ弱>【弱・弱・弱・弱】
②:ジャンプ強>ア【強・強・強・強・強】
③:ア【弱・弱・弱】[c]武神顕現神楽(2+ア+必)

①は近距離の攻めや割り込みで使えるしゃがみ弱始動のコンボ。ジャンプ2中始動でも入る。
②はジャンプ強からの基本コンボ。SA3がある場合は最後まで出し切ってしまおう。
③はSAゲージが3本ある際に狙えるコンボだ。

更に上を狙うモダンキンバリー攻略

画面端のガード崩し連係

画面端に追いこんでから、【弱・弱・弱】や疾駆け~影すくい、空中OD武神旋風脚で連続技を〆た後は、強細工手裏剣(22+強)を設置することで強力な起き攻めを仕掛けることができる。細工手裏剣設置後は、ジャンプ逃げ防止のしゃがみ弱x3>弱流転一文字(236+弱)、ガードに対する通常投げ、投げ抜けに対するバックステップ~ア+中→弱流転一文字の3択をかけていこう。いずれもヒット後に細工手裏剣の爆破部分が連続ヒットするため、OD荒鵺捻り(空中236+弱中)で追撃してコンボを決めよう。

<1、手裏剣起き攻め始動コンボ>
1、しゃがみ弱>【弱・弱・弱】>強細工手裏剣(22+強)
2、ア【強・強・強・強・強】>強細工手裏剣(22+強)
3、立ち強>OD流転一文字(ア+必)>ドライブラッシュ~【弱・弱・2弱・弱】>強細工手裏剣(22+強)
4、【中・中】[c]OD疾駆け~虚空~武神鉾刃蹴(6+ア+必~2必)>強細工手裏剣(22+強)~ジャンプ強重ね(詐欺飛び)>昇りジャンプ弱(F式)

<2、細工手裏剣後の択の掛け方>
通常投げ:ガードに勝ち、無敵技とジャンプ入れっぱに負け
しゃがみ弱x3→弱流転一文字(236+弱):入れっぱに勝ち、無敵技に負け、ガードされてた時はしゃがみ弱を2回ガードさせてから4+強で無理やり崩したい
バクステ→ア+中→弱流転一文字(236+弱):遅らせグラップに勝ち、ジャンプは見てからがんばって対空したい

<3、択を通した後の連続技>
昇りOD荒鵺捻り(空中236+弱中)→6+強~9入れ~ジャンプ中→強細工手裏剣(22+強) :起き攻めループ
昇りOD荒鵺捻り(空中236+弱中)→6+強~9入れ~ジャンプ中→弱流転一文字(236+弱)[c]武神顕現神楽(2+強+必) :火力重視

画面端の投げループ

キンバリーは画面端で投げを決めた後に近距離で17F有利な状況を作れるため、体感で1歩ほど歩いてから投げを埋めることで相手のしゃがみ弱暴れなどを投げてしまうことができる。前ジャンプで逃げられた場合は投げスカ後にジャンプ中や昇りOD荒鵺捻りで対空できるので見逃さないようにしたい。画面端から逃したくない場合はア+強を重ねて有利な状況をキープしよう。

△画面端で投げた後に投げを重ねる、所謂”柔道”といわれるテクニックがキンバリーも使える。国技の力に感謝しながら投げを重ねよう。

モダンキンバリーの基本コンボ

中級者向けモダンコンボ

④:ア+中[c]ドライブラッシュ〜ア+強>【中>中】[c]疾駆け〜影すくい(6+必~2+必)>強細工手裏剣(22+強)起き攻め
⑤:4+強>しゃがみ弱[c]強武神旋風脚(214+必)
⑥:OD彩隠形(2+ア+必)~ジャンプ強>ア【強・強・強・強・強】>中武神旋風脚(214+中)
⑦:(画面端)ドライブインパクト(ガード)>しゃがみ強[c]疾駆け〜胴刎ね(6+必~必)>昇り荒鵺捻り(9+必)
⑧:強細工手裏剣(22+強)〜投げ or しゃがみ弱x3>弱流転一文字(236+弱) >(爆破)>EX荒鵺捻り(2369+ア+強)>6+強[jc]前ジャンプ中>弱流転一文字(236+弱)>武神顕現神楽(2+必+強)
 

④はア+中始動のよく使うドライブラッシュコンボ。ドライブゲージを3ゲージ吐くため、その後の起き攻めやコンボ時はバーンアウトに注意しよう。
⑤は中段始動の簡単な連続技。
⑥は遠距離や飛び道具対策で使えるワープからの高火力コンボ。ア+強を連打しておけばジャンプ強→ア+強とつなぐことができる。
⑦はドライブインパクトを端でガードさせたときに狙える連続技となっている。
⑧は上でも説明した細工手裏剣後に大ダメージを奪えるコンボだ。

上級者向けモダンコンボ

⑨:3+中(先端当て)>【弱・弱・弱】(画面端)>強細工手裏剣(22+強)起き攻め
⑩:ドライブラッシュ〜しゃがみ中>立ち強[c]強流転一文字(236+強)>ドライブラッシュ~【弱・弱・2弱・弱】>弱流転一文字(236+弱)[c]武神顕現神楽(236236+)
⑪:立ち強(パニッシュカウンター)[c]彩影形(2+必)~ア【強・強】[c]ドライブラッシュ~ア+強>立ち強[c]ドライブラッシュ~ア【強・強・強・強・強・強

⑨はスライディングの持続後半部分がヒットした際に狙える実用的なコンボ。画面端だと特に狙いやすいので意識しよう。
⑩はドライブラッシュから一気に画面端付近まで運べるコンボ
。SAゲージがない時は【弱・弱・2弱・弱】>強細工手裏剣で起き攻めへ
⑪はパニッシュカウンター始動の最大コンボ。やや難しい連続技だが体力を半分以上奪えるぞ。

スト6キャラリンク集

   

スト6モダンキャラリンク

         
The following two tabs change content below.
ナカジマ(コイチ)

ナカジマ(コイチ)

twitter ID:@koichinko
あらゆる格闘ゲームを雑然と遊ぶ浅葉の悪友。
『ギルティギア』シリーズ等、アークシステムワークスの作品では有名プレイヤーとして名を馳せる。密かに、第三回TOPANGAチャリティーカップ『スーパーストリートファイター4』で優勝という実績も。
ソニーコンピューターエンターテイメント主催のイベント”闘神激突”では、格闘ゲームの強いおっさん”闘神”として、『ギルティギアイグザードサイン』で鮮やかなネタ殺しを披露した。

人気記事

  1. 1位

最近の記事

  1. 【スト6】今夜勝ちたい豪鬼攻略
  2. 【急展開】「喜多山浪漫」先生インタビュー第三回:『魔法捜査官』のキャラクターデザ…
  3. 【スト6】今夜勝ちたい豪鬼攻略【Ver.AKUMA】
  4. 『HUNTER×HUNTER NEN×IMPACT』EVO Japan2024試…
  5. 【EVO JAPAN2024】1996年発売の『あすか120%スペシャル BUR…
PAGE TOP