【スト6】今夜勝ちたいモダンタイプ・ルーク攻略

本記事では、『ストリートファイター6』(以下、『スト6』)に登場するモダンタイプルークの基本戦術やコンボをご紹介します。

モダンルークの強み


モダン適正度:★★★★★(5点評価)

モダンルークの強みは【弱・弱・弱】や【中・中・中・中】などの強力な通常技と、ワンボタン対空無敵技であるライジングアッパー6+必、そしてSA1のバルカンブラストによる抑止力にある。発生6Fのバルカンブラストは中距離から相手の行動を見てから様々な行動に確定するので、差し返しや弾抜けが得意なパッドプレイヤーにオススメしたい。

【ルークのとりコレ】
けん制:サンドブラスト(必)、立ち中
対空:しゃがみ強、中ライジングアッパー(6+必)
飛び込み:ジャンプ中(めくり)、ジャンプ強(下に強い)
ぶっぱ:ODライジングアッパー(6+必+強)、バルカンブラスト(必+強)

【出せない技リスト】
連打キャンセルのしゃがみ弱K、立ち弱K、立ち中K、4+強K
ジャンプ弱P、ジャンプ中P、ジャンプ強P

ルークの基本戦術

ルークでまず覚えたいのが【弱・弱・弱】。前進しながらパンチを放つ弱攻撃からヒットしていた場合は強フラッシュナックル(214+強)で端へ押し込み、ガードされていた場合は強フラッシュナックルを少し溜めて強化強フラッシュナックル(214+強ホールド)をガードさせよう。強化強フラッシュナックルはガードさせて+4Fと有利な状況を作れるため、再び弱に連係させて相手を画面端に押し込んでいこう!強フラッシュナックルにドライブインパクトをしてくる相手に対してはODサンドブラスト(ア+必)でキャンセルすれば、ドライブインパクト返しや立ち弱で潰すことができるぞ。

△弱・弱・弱>強フラッシュナックルを入力して、当たってればそのままでガードされてたら溜めるだけ!ドライブインパクトに対してはODサンドブラストを混ぜていこう。

立ち弱以外に強力なのがリーチが長く突進力がある立ち中。単発でも強力だが、ヒットしているのを確認できたら【中・中・中・中】まで繋げることができる。立ち中を出しながら相手の動きを確認しよう。

△立ち中は弱よりも長いのでより遠い間合いから当てやすい。相手が動いていたら中・中・中・中まで連続ヒットする。

その他近距離でオススメしたいのがしゃがみ中>サンドブラスト(必)まで入れこんでしまう連係。サンドブラスト部分をドライブインパクトで割り込んできた相手に対して、インパクト返しが間に合ってしまう超強い連係となっており気軽に出していける。また、しゃがみ中>ドライブラッシュ(66)の入れ込みも強力。ドライブラッシュ>ア+中まで入れ込んでおき、ガードされてた場合は、投げとア+中の二択を迫ろう。ヒット時はしゃがみ強に繋いで連続技で画面端に押し込むチャンス。

△しゃがみ中~ドライブラッシュからはア+中までセットで出しておこう。ガードされた場合も+5Fと優秀で投げとしゃがみア+中で二択を迫れる。

ルークは相手が飛んできた際はライジングアッパー(6+必)で落とせて、地上で攻め込まれた際も無敵技であるODライジングアッパー(6+ア+必)による切り返せることができるため守りも硬い。相手の飛び道具には端まで届くODサンドブラスト(ア+必)で貫通してしまおう。

△対空技はライジングアッパー(6+必)を使っていこう。ローリングアタックなどの突進技に対しても見てからポチれば落とせるのがモダンの強み。

とりこれモダンコンボ

①:【弱・弱・弱】[c]ODサンドブラスト(ア+必) 

②:しゃがみ弱x3[c]ライジングアッパー(6+必)

③:ジャンプ中>アシストコンボ1

①は弱TCからの基本コンボ。コンボに慣れてきたら強フラッシュナックル(214+強)にしてみよう。

②は暴れる際に使えるコンボ。しゃがみ弱は発生が早いため守りの技としても使える

③はめくりを狙えるジャンプ中からのコンボ。アシストコンボ1はSAゲージが1本あればバルカンブラストまで繋いでくれる。

更に上を狙うモダンルーク攻略

見てからスーパーアーツ

バルカンブラスト(強+必)は発生が6Fと非常に早く、中距離戦で様々な技に対して見てから確定で当てることができる。飛び道具や突進技、けん制技の空振りに対して、こまめにバルカンブラストを当てて体力リードを狙おう。また、SAゲージが3本ある際はペイルライダー(2+必+強)による弾抜けを狙うこともできるので、飛び道具を持つ相手に対して狙っていこう。

△これぞモダンルークの真髄、空振り見てからバルカンブラスト。相手は下手な技が振れなくなるので攻めも通りやすくなるぞ。

ドライブラッシュをつかいこなす

ルークは6+中による中段技が出せるため、ドライブラッシュを組み合わせた起き攻めが強力。【弱・弱・弱】>強フラッシュナックル(214+強)やライジングアッパー対空でダウンを奪った後は、ドライブラッシュ(66+DP)で接近して相手の起き上がりに中段の6+中Pを重ねよう。ドライブラッシュと合わせることでヒット時は連続技、ガードされた後も有利な状況となり攻めを継続できるぞ。

△ドライブラッシュからは中段である6+中が発生が早くガードされても+1F有利と優秀。ドライブラッシュ~投げとの二択にしていこう。

画面端で相手を抑え込む

連続技で画面端に追い詰めた後は一気に試合を決めるチャンス。ルークは通常投げ後に歩くだけで再び投げ間合いまで接近できるので、起き上がって来た相手を再び投げてしまおう。バックステップやジャンプを狙う相手には、ア+中>を重ねて逃げを防止しよう。ヒット時はしゃがみ弱>6+必までつなぎ再度ダウン。ガードされてた場合は、投げや中段のODアベンジャー~インパラー(2+ア+必)を狙おう。ODインパラーは画面端ヒット時限定でイレイザー(4+必+強)による追撃が可能だ。

△画面端は投げメインで起き攻めを仕掛けよう。逃げそうな相手にはア+中を重ねておくといい。

ルークの基本コンボ

中級者向けモダンコンボ

⑤:ア+中>しゃがみ弱[c]ライジングアッパー(6+必)

⑥:しゃがみ中[c]ドライブラッシュ>ア+中>しゃがみ強[c]弱フラッシュナックル溜め(214+弱ホールド)>フラッシュナックル(4+必)

⑦:ジャンプ強>しゃがみ強[c]弱フラッシュナックル溜め(214+弱ホールド)>バルカンブラスト(必+強)

⑧:ドライブラッシュ~6+中>アシストコンボ2(ア+中・ア+中)>フラッシュナックル(4+必)

⑨:(端)ドライブインパクト>【6強・強】[c]サンドブラスト(必)>ライジングアッパー(6+必)

⑩:【中・中】[c]ペイルライダー(2+必+強)

⑤はア+中が当たったのを確認して繋げられるコンボでアシストコンボ2よりも使い勝手がよい。
⑥は
けん制のしゃがみ中始動のドライブラッシュコンボ。弱フラッシュナックルは押しっぱなしで成立するが、慣れたらタイミングよくボタンを離すことで出るジャスト入力にもチャレンジしてみよう。ジャスト入力成功時はより高く相手が浮くため、強フラッシュナックル(214+強)でコンボを〆ることができる。
⑦はジャンプ攻撃が中央でヒットした際の安定コンボとなる。
⑧は中段からのアシストコンボ。アシストコンボは2発目でフラッシュナックルでゲージを節約しよう。
⑨は画面端でドライブインパクトをガードさせた際に狙えるコンボだ。
⑩はモダンルーク最大メリットでもある簡易入力を使った中P確認コンボ。SAゲージにあわせて締めのSAを使い分けよう

上級者向けモダンコンボ

⑪:しゃがみ中[c]ドライブラッシュ~ア+中>しゃがみ強[c]ジャスト中フラッシュナックル(214+中ホールド~離し)>ジャスト弱フラッシュナックル(214弱ホールド~離し)>強フラッシュナックル(214+強)

⑫:(画面中央)しゃがみ弱x2[c]ドライブラッシュ~しゃがみ弱>しゃがみ強[c]ジャスト中フラッシュナックル(214+中ホールド~離し)>ドライブラッシュ(66DP)~ア+強[c]ジャスト弱フラッシュナックル(214弱ホールド~離し)>アベンジャー~インパラー(2+必~2+必)

⑬:ジャンプ強>しゃがみ強[c]ドライブラッシュ~4+強>しゃがみ強[c]ドライブラッシュ~4+強>しゃがみ強[c]ジャスト中フラッシュナックル(214+中ホールド~離し)>ジャスト弱フラッシュナックル(214弱ホールド~離し)>強フラッシュナックル(214+強)>ペイルライダー(2+必+強)

⑪はジャストフラッシュナックルを2回使った難しめのコンボ。弱フラッシュナックルのジャストが失敗した場合も中フラッシュナックルで拾える。⑫は小技からのドライブラッシュコンボで、中フラッシュナックル後にドライブラッシュを挟むことで画面位置を大きく運ぶことができる。

スト6キャラリンク集

   

スト6モダンキャラリンク

         
The following two tabs change content below.
ナカジマ(コイチ)

ナカジマ(コイチ)

twitter ID:@koichinko
あらゆる格闘ゲームを雑然と遊ぶ浅葉の悪友。
『ギルティギア』シリーズ等、アークシステムワークスの作品では有名プレイヤーとして名を馳せる。密かに、第三回TOPANGAチャリティーカップ『スーパーストリートファイター4』で優勝という実績も。
ソニーコンピューターエンターテイメント主催のイベント”闘神激突”では、格闘ゲームの強いおっさん”闘神”として、『ギルティギアイグザードサイン』で鮮やかなネタ殺しを披露した。

PAGE TOP