ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【刃牙UC】初心者脱却!対戦で勝つための基本攻略&デッキ構築方法

      2017/10/02

ダイエット期間中につき、そろそろ週5ラーメンの日々が恋しくなってきたがちょです。ジャックハンマーのごとく、粉やサプリをボリボリ貪り食っていますがわたしは元気です。

今回は『グラップラー刃牙 アルティメットチャンピオンシップ』(以下、刃牙UC)の対戦基本攻略です。初心者が勝つために必要なゲームの基礎を解説していきます。今ならSSR確定チケットが貰えるお得な新イベント(8月24日~9月7日)も始まっているのでみなさんやりましょう!

キャラクター攻略
刃牙攻略&対策花山攻略&対策渋川攻略&対策 

△勇次郎が教えてくれないゲームのセオリー教えます。

【覚えておきたいルール】
・攻撃ターンor先行必殺技の成功でステップアップ
・ステップ2で攻撃ターンor先行必殺技の成功でラッシュ突入
・必殺技はラッシュ中以外はいつでも発動可能
・必殺技成功で攻撃ターンを奪える
・必殺技激突せずに必殺技を受けると大ダメージ
・自然増加とリズム攻撃被弾でゲージ増加
・リズム(優・良)で相手の被弾ゲージ増加を抑えやすい

【駆け引きのポイント】
・駆け引きの基本はゲージにあり
・後攻:リズム攻撃を受けつつゲージ溜め
・先行:ステップ2で必殺技ぶっぱなし
・必殺技の色を見て対応した色の技で反撃
・相手ゲージの残量は常に把握しておく
・できるだけゲージ0の状況にしない
・わざと必殺技を食らう(ゲージ有利だが被弾ダメージ大)

ゲージ有利を狙う

まず、刃牙UCの駆け引きの基本はゲージのやりとりにあります。相手ゲージを如何に無駄にさせるかを考えて戦いましょう。なお、リズムパートは茶番なので、気負わず適当にやるといいです。(※アプデで優・良を取ったほうが相手にゲージを溜めさせにくくなりました

まず対戦が始まると先行・後攻が決定されますが、先行・後攻はステータスの瞬発力の差で決まります。あえて後攻を取りたい場合はステータスの瞬発力を上げないように。

△リズムパートの“優”の判定は緩め。仮に“良”になったとこで戦況にはほぼ影響しません。(影響するようになりました。)

防御側の動き

まず相手攻撃ターン中はリズム攻撃を一発被弾する毎に0.5ゲージ増加します。被弾してればゲージが溜まるので、ゲージ差をつけるためにもステップ2までは攻撃を受けきってゲージ溜めしましょう。基本的に5~6ゲージほど溜めきるまで我慢です。

ゲージが4溜まったからと4コスト必殺技を条件反射的に使うのは基本的にNG。防御・追撃用の保険にゲージを多少残すような必殺技を使いましょう。必殺技激突に勝利したら、攻撃ターンに移って反撃です。

 

△ステップ2のラッシュ発動の攻撃(数はキャラ次第&ランダム)まで耐えられます。後攻時にギリギリまで耐えると、6.5ゲージと4.5ゲージの差に(ステータスなどによってゲージ増加速度の差があるかも)。被弾してゲージ差が開けば開くほど必殺技を潤沢に使えます。

攻撃側の動き

先行攻撃時などステップ2の攻撃ターンでゲージ差がついてしまいがちです。そういう場合はやや博打になりますが、相手が必殺技で割り込む直前に先行必殺技を発動してしまいましょう。相手が消極的な選択肢を取っていたりすると必殺技激突で勝利しそのままラッシュに突入できます。博打を避けたい場合は、相手の防御必殺技をうまく受けきりましょう。

△相手がステップ2の限界まで耐えるタイプならその少し前に必殺技発動。先行必殺技を絶妙なタイミングで発動すると相手は割り込みで出したはずの必殺技を防御必殺技として発動してしまうため思わぬ勝ちを拾えたりします。

ラッシュを成功させるコツ

ステップ2で攻撃ターン(優・良)or先行必殺技の成功でラッシュ突入します。防御側の必殺技割り込みがあるので、攻撃ターンのリズム攻撃だけではラッシュ突入はまず無理です。

そこで、ラッシュ狙いは先行必殺技を使います。まずは前述のステップ2中の先読み先行必殺技ですね。これは博打ですが、先行時などゲージ不利な状況でもラッシュを狙えます。次に、ゲージ差を活かし先行必殺技連発でラッシュに突入させるのも有効です。例えば、攻撃ターンで相手ゲージ0の状況ならコスト1→2とすばやく発動すればほぼラッシュ確定です。

△ラッシュは被弾でゲージが溜まらないので、ダメージを与えてもゲージ差がつきにくいです。相手キャラに指を3本おいてピアノの連弾のごとく連打しましょう。

ゲージ状況は常に把握

とにかくゲージ状況は常に把握しておきましょう。ゲージがないとラッシュ突入もほぼ不可能で、食らってはいけない必殺技を防ぐことすらままなりません。ラッシュに突入するわけでもないのに、自分からゲージを0にするような必殺技の打ち方は極力やめましょう。

必殺技激突で勝つコツ

必殺技激突ではコスト(攻防力)が高いほうが勝ちます。試合を有利に展開するためには最小限のコストで勝つことが重要。例えば、相手に赤2を出されたら、青3で返すよりも青2で返すのが最善です。自分のゲージは節約し、相手にはゲージを損させましょう。

他にも激突を制しやすくなるテクニックをいくつか紹介しましょう。

△大事なことは勇次郎が教えてくれます。

相手の色を見て対応する

必殺技には3属性があり、それぞれの三角関係になっていて、属性有利なら攻防力が+1されます。実はこの属性ですが必殺技発動時の背景で判別可能なので、相手の出した必殺技をよく見てから発動し返しましょう。

△ソシャゲに多い属性三角関係。暴>卑>武とありますが、色で考えれば何勝てるかわかりやすいです。ちなみに攻撃を行わない特殊属性もあり、特殊属性は三角関係の影響をうけません。

△先行必殺側は属性がバレてもいい攻撃を出しましょう。またSSRやSRのように演出過多な攻撃はカットインが連続するので実はバレバレなことが多いです。

▶範馬刃牙の必殺技カットイン集

攻防力ダウン

攻防力ダウンは必殺技成功時にその後の必殺技激突で相手の攻防力を-1にする効果を持ちます。この効果は絶大なので、該当技を持つキャラは攻防力ダウンを決めるための展開を狙いましょう。逆に言えば相手の攻防力ダウン技は最警戒技のひとつです。

△画像の場合、コストは2対3ですが、属性有利で自分は+1、コストダウンで相手は-1に。最終結果は3対2で勝利となります。ちなみに重ねがけも可能で攻防力-2の状態にしてしまえば必殺技激突でまず負けません。

カウンター(合気)

カウンター(合気)とは攻防力を逆転できます。コストの高い技に反撃できるので高コスト技を入れている相手に使っていきましょう。ただし、効果無効の攻撃には効かないので要注意です。また、発動モーションがわかりやすい技が多いので、先手で出すのは基本的に危険でしょう。

△攻防力逆転後の数値に色相性やコストダウン効果が付与されます。それを踏まえて計算すること!画像の場合は2対4がカウンターで4対2になり、さらに色相性で4対3に。

わざと食らうのも戦法

必殺技や状況によってはわざと相手の必殺技を受けきるのもありです。その攻撃で死なないかつ食らったあとに強力な必殺技で反撃できるならわざと食らい、時間経過のゲージ溜めでゲージ有利を狙いましょう。ただし、攻防力ダウン系の技は絶対に食らってはいけないのでそれだけには要注意です。(アプデで必殺技激突せずに必殺技を素ぐらいすると大ダメージを受けやすくなりました。状況によってはわざと食らいは厳禁。コスト1などの技を出してダメージ軽減するのもありです。)

【必殺技の詰めかた】

必殺技激突勝利後などで相手ゲージが0、自分が4ゲージある状況でコスト1と3の技を持っていたとします。その場合は、コスト3→1と必殺技を発動するよりもコスト1→3と出しましょう。最初の必殺技はコスト0の相手には負けないのでコスト1で十分で、逆に後半に1を出すと相手のゲージが1まで回復して相殺される可能性があるからです。詰め方は大事!

△例えば、相手ゲージ0のこの状況なら、コスト2かつ攻防力ダウンを狙える“足の指一本動き封じ”→コスト3以下の技と繋げばほぼラッシュが確定。

デッキ編成の基本

【デッキ編成の基本】
・コスト4以下の低コスト技で編成
・同じコストはできるだけ色を分ける
・レベルが高い技を使う
・育成初期段階では即戦力のSSRも便利
・攻防力ダウン系の技は最優先

リリース直後の現在は低コストデッキが主流です。高コスト技を使うと防御、追撃用のゲージがなくなるのでそうなるのも致し方なしでしょう。低レアでも同じ技を重ねていけば十分な威力になるので、レアよりも低コスト重視で組みましょう。

個々のキャラについてはまた後日!
↓後日きました(9月1日追記)

キャラクター攻略
刃牙攻略&対策花山攻略&対策渋川攻略&対策 
The following two tabs change content below.

がちょ

フレームの神と呼ばれた男。
この男が作ったフレーム表は数知れず。
持ち前の調べもの力を活かして、キャラゲーの発売初日に永久コンボをひっさげて現れることも珍しくない。
「走ってきて無敵技しか打たない」と言われるほどの力強いプレイスタイルは、ゴジラインでも異彩を放っている。

 - バンダイナムコエンターテインメント ,