ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【DOAX3】大型アップデート&追加水着第十一弾スイート&ミルズメス

      2016/10/19

こんにちは。ザック島に生きるサムライ・浅葉34歳です。某大型学園RPGとか、海賊王を目指す携帯ハード向け格闘ゲームなどで、更新が遅れてすみません。
今回の記事では、『DOAX3』の追加水着第11弾と、その追加に伴うアップデートをご紹介します。もう追加水着第12弾がリリースされていますが、この11弾水着もそのうち再販されるはずなので、安心してください。
今回のアップデートでは、女の子たちの写真を撮りまくれる”フォトパラダイス”モードが追加。このフォトパラダイスモードでは、なんと70種類もの新ポーズが追加されました。

新モード:フォトパラダイス
△

△ソフマップ的情緒を味わえるTeam NINJA看板を背景に、新作水着・スイートで撮影!。新ポーズも大量に追加され、別ゲーのように生まれ変わりました。マリーちゃんがおれを見ている!

今回のアップデートの最大の目玉は、女の子たちのポーズを指定して、さまざまなスポットでバシャバシャ写真を撮ることができる新モード・フォトパラダイス。新しいポーズはどれも目新しいものばかりなので、撮影がそろそろマンネリ化してきたなという方も、心機一転楽しめるはず。

△

△新ポーズが大量に!カメラマン生活が捗ります!

おれも発売から約半年、ひたすら写真を撮ってきたんですが、そろそろ新ポーズが欲しいなあと思っていたタイミングでこのモードの追加。素晴らしい!どんどんPS4内のこのゲームに関するデータが増えてきて、もうこのゲームだけで一台分のHDDを使い切ってしまうかもしれない。

△

△表情のバリエーションも非常に豊か!

いやあ、神ゲーだなぁと早速フォトパラダイスを始めてみたら、なんでも女の子のポーズは、”わくわくレベル”に応じて解禁されるとのこと。そして、女の子別に個別に入手できるポーズがあり、これらは受け渡しによってはじめて他の女の子でも使用可能になるんです。
つまり、全ての女の子のわくわくレベルを30にする必要があるわけですね。
若干どころかかなり時間のかかる作業ですが、わくわくレベル経験値3倍キャンペーンなるものが行われたので、欲しいものは一通りそろえることができました!

△

△発売からいろいろなアップデートを重ねてきた本作。神ゲーを越え、男子の”義務ゲー”となりつつあります。

3倍期間中にすべてのポーズを集めたかったけれど、某大作RPGの発売などもあり、コンプリートならず!無念。コンプリートを目指すので、なにとぞもう一度わくわくレベルキャンペーンをお願いいたします。

追加水着:スイート

今回追加された水着のスイートは、今までの追加水着と比べて前方の防御力が固めなご様子。

△こちらがスイーツ。一見肌面積の少ない、ガードの固い水着に見えます。

△こちらがスイート。一見肌面積の少ない、ガードの固い水着に見えます。

とはいえ、裸エプロンはもちろん、水着エプロンもおれたちの夢。
横、後ろからの角度は、全てがベストショットであります!

△

△背面の様子はこちら。あくまで水着ですから。健全です。

そしてこの水着はなんと、今回のアップデートで追加された”破れる衣装”のひとつ。
以下の神々しい動画をご覧ください。

舞い散る布にリアリティがないとかそういうことはどうだっていい。
破れる、それだけでいいんです。
格闘ゲームも、必殺技フィニッシュをしたらじゃんじゃん破れてもらいたいものです。
今後の追加水着にも破れるものが増えるとのことなので、楽しみにしておきましょう。

追加水着:ミルズメス

お次はミルズメス。
ミルズメスというのは、ジャグリングの技のことのようです。

△

△前面についているジッパーが印象的なミルズメス。VRでジッパーに手をかけられる日は来るのか!

ジャグリングを感じる要素はどこにもありませんが、マリーちゃんが何を着ても似合う天使であることはわかります。

△

△フォトパラダイスのおかげで、今までにないショットが撮れるので、撮影が楽しいです。

プレイステーションVR対応の延期が発表されたのは悲しいですが、東京ゲームショーで突如発表されたDMMプラットフォームの『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』など、新しい動きも出てきているので、このフォトパラダイスを糧におれは待ち続けます!

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

 - ゴジライン記事 ,