ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【ストVAE】今夜勝ちたい影ナル者攻略【season4】

      2018/12/19

カプコンカップ当日にいきなり新キャラが発表されて有給申請が間に合わなかったナカジマです。ガチくんラシードのカプコンカップ制覇、鳥肌立ちました。徹夜続きからの週明け早起きで満身創痍ですが、本日リリースされたseason4と新キャラの影ナル者(以下カゲ)。かなり強っぽい上にとんでもなく面白いキャラになっているので早速攻略始めていきましょう!

△突如現れた新キャラのカゲ。リュウの中に眠る影という設定ぽいので殺意の波動に目覚めたリュウとは別人のようですが、実態となって戦う上に常にリュウに取り憑いてます。スタンドか?

カゲってどんなキャラよ?

体力 気絶値
900 950

豪鬼と同じく体力は900と最低組ですがスタン値はわずかに高め。飛び道具、無敵技、浮かせ技に加えて空中機動も変えられる万能タイプのキャラクターです。

カゲの基本戦法

飛び道具で飛ばせて昇龍拳で落とすスタンダードな戦法もできますし、空中から各種軌道変更を使い分けてテクニカルに攻めることもできます。以下の技をメインに使っていくといいと思います。

<カゲの主力技>

灼熱波動拳(63214+P)…端まで届くありがたい飛び道具。弱は1段技で弾速が遅く、強は3段技で弾速が速い。

立ち強K…リーチの長いハイキック。しゃがみに当たらないので相手の立ち技にクラカンを狙えるほか、遠目の対空にも使える。

穿波活殺(中P+中K)…妙にリーチの長いVスキル。ホールドで上中段に対してアーマーとなる。セビっぽく使おう。

6強P…リーチが長くガードされても-4Fと反撃を受けづらい。ヒット時は立ち確認して強KTCへつなごう。

立ち中K…6強Pよりもわずかにリーチが長いミドルキック。モーションはダサめ。

しゃがみ中K…十分なリーチの下段技。弱竜爪脚(41236+弱K)や飛ばない波動拳(236+P)を入れ込もう。

竜爪脚(41236+K)…踏み込んで踏みつける技。コンボや固めや崩しに大活躍する。

ジャンプ中K…めくりを狙える。リーチも2番目に長く使いやすい。

ジャンプ強P…リーチ最長。飛び道具に対する遠距離からの跳び込みなどに使おう。

ジャンプ強K…下に長い。当たるのが早いので通常技対空などと相打ちしたり潰しやすい。

天魔空刃脚(空中で2+中K)…下方向に軌道変化するダイブキック。通常技対空をずらして跳び込める。

遠距離戦は灼熱波動拳が普通の飛び道具としてつかえるのでコレをばら撒きつつ、飛んできた相手を対空技で落としましょう。弱>中>対空は基本中昇龍拳(623+中P)でよいですが、コマンドが苦手な人は近い飛びにはしゃがみ強P、遠い飛びには立ち強Kを使い分けると良い感じです。こちらから飛び込む際は、ジャンプ中Kでめくりを狙ったり、ジャンプ強Pで遠距離から跳び込みましょう。昇龍拳対策には早めの空中波動拳(空中で236+P)で空振りを狙って反撃を決めたり、通常技対空対策には天魔空刃脚(空中で2+中K)をでタイミングをずらしつつ跳び込みましょう。

△灼熱(63214+P)なのでコマンドが面倒くさいですが波動で飛ばせて昇龍で落とすスタイルがカゲにもできます。波動拳(236+P)は玉が飛ばないので注意!

中距離戦は立ち強Kの先端や立ち中Kを振りつつ、少し踏み込んでしゃがみ中K→波動拳(236+P)の下段を狙いましょう。ゲームが上手い人はしゃがみ中Kをヒット確認してEX空靂刃を狙うのがいいでしょう。中足のリーチが微妙に短いので息苦しく感じるときは6強Pがおすすめです。前に踏み込みながら正拳突きをかますので届きやすく、ヒット時は立ちくらいを確認して強Kのターゲットコンボにつなげましょう。

△6強Pは立ちくらいが確認できれば立ち強Kのターゲットコンボが連続ヒットします。飛び込まれても軸がずれて相手の裏に回ることが多いのも地味に強いポイント。

△カゲのしゃがみ中Kはギリギリヒット確認ができなさそうで、できるやつです。立ち状態を確認してEX空靂刃→中龍爪脚ができれば立ち回りからのリターンがすごいことになります。

相手の牽制技や飛び道具に対してはVスキルの穿波活殺(中P+中K)をあわせるのもイケてます。先端を当てればガードされても反撃を受けづらいほか、中P+中Kホールドで下段以外をガードしながら溜めることができるので飛び道具を受けつつ殴ることができます。溜めなし版がカウンターした時は相手が浮くので弱竜爪脚などで追撃しておきましょう。

△失せろっ!といいながら殴りかかるVスキル。やたらと長い上にカウンターしたときのリターンも高いです。使いやすい。

 

カゲの固めについて

竜爪脚でグチャる

ウル4の殺意リュウを知っている人には思い出深い竜爪脚(41236+K)がついに帰ってきました。この技はボタンによる違いが大きいのでまずは違いから覚えておきましょう。

<竜爪脚の違い>
弱版…ガード時-4F、ヒット時少し離れて+2F。発生が早いのでしゃがみ中Kからコンボになる。
中版…ガード時-2F、ヒット時投げ間合いの+2F。立ち中Pやしゃがみ中Pからコンボになる。
強版…ガード時+3F、ヒット時+5F。発生は遅いがしゃがみ強Pからのみ繋がり、固めにも使える。
EX版…ガード時-8F、ヒット時ダウン。発生もそこそこ早い中段技。崩しに使える。

で、この技のおすすめの使い方がしゃがみ中P→中or強竜爪脚という連係です。3Fの小技で割り込もうとすると中竜爪脚と相打ちになり、立ち強Pなどが連続ヒットしてしまいとんでもないことになるので、暴れ辛い連係となっています。ガードで固まる相手には強竜爪脚で図々しく+3Fの有利を作ってしまおうという魂胆です。強版をガードさせたあとは歩いて投げや再びしゃがみ中P→中竜爪脚などで固めなおしにいけます。また、どうしても今夜勝ちたい人は、中竜爪脚(-2F)ガードからEX昇竜拳または瞬獄殺をぶっ放しましょう。

△中竜爪ヒット後や強竜爪ガード後の固めの本命はあくまでも投げと暴れ潰しの二択です。ビビってると思ったら踏み込んで投げかしゃがみ中Kを狙いにいきましょう。

EX灼熱波動拳でグチャる

画面端ではEX灼熱波動拳(63214+PP)を使った固めがすごいことになっています。EX灼熱波動拳はガードさせて+6F、ヒット時は強昇龍拳などで追撃可能となっており、立ち強P→EX灼熱波動拳と出せば通常技での割り込みを許さないほか、しゃがみ強P→EX灼熱波動拳にいたってはすべて連続ガードになります。EX灼熱波動拳をガードさせたあとはアホほど有利になるので、遅らせ投げとしゃがみ強P→強龍爪脚の二択を仕掛けましょう。なお、EX灼熱波動拳→Vトリガー発動時の有利フレームは+23Fです。本当にありがとうございました。

△画面端に追い詰めた相手をしゃがみ強P→EX灼熱波動拳xnで燃やし尽くしましょう。豪鬼で失ったものはカゲに継承されています。調整されるまで使っていきましょう。

カゲのVトリガーについて

VトリガーI「大逆無道」(Vゲージ2本)

発動後に2つの追加技が出せるようになる特殊なVトリガー。強P→強KターゲットコンボやEX波動拳、EX灼熱波動拳から発動可能です。

阿修羅閃空(強P+強K同時押し):飛び道具無敵の移動技。ジャンプ攻撃以外のすべての技をキャンセルして発動できるほか、空中でも発動できるのでテクニカルに攻めることができる。画面端の相手にも裏を取れるのでガード崩しにも使えそうです。キャンセル発動した場合はゲージ4割消費、単発で出した場合はゲージ1.8割消費で6回移動可能。

△カゲの阿修羅閃空は必殺技もキャンセルして発動できるのでEX昇龍拳→阿修羅閃空で比較的安全に切り返しできます。空中版は下り際にジャンプ攻撃が出せるので空中ダッシュ代わりに使ってみましょう。

強化穿波活殺(中P+中K同時押し):高速移動しながらの正拳突き。ホールド対応技となっており、溜めなし版はガード時に五分、溜めた場合はガード時6F有利、ヒット時は腹崩れでフルコンボが可能とハチャメチャが巻き起こります。もちろん通常技からキャンセルして出せるのでヒット確認して出していきましょう。ゲージ消費量は5割。

△Vスキルは構えてから高速移動しながら感謝の正拳突きを放ちます。溜めた場合はガードされても中Pが連続ガードになるほど有利。か、観音様が…!

VトリガーII「六道塵殺」(Vゲージ3本)

通常技だろうが必殺技だろうがどこからでも発動可能なVトリガーII。EX昇竜から発動した場合は-6Fとなりますがカウンターを防げるメリットは大きいです。

発動後に強P+強Kを同時押しすると相手位置をサーチして上からチョップをかます「禊」(技名不明)を発動できます。禊はジャンプ攻撃とVスキル以外のすべての技をキャンセルして出すことができる(ただし昇龍拳はヒット時に限る)上にガードされても-2Fと反撃を受けません。出せる回数は2回までなので大切に使っていきましょう。

△ヒット後は受け身不能なので立ち中P空振り→6中Pの持続中段や前ステ→しゃがみ中K空振り→投げorしゃがみ中Pで暴れを埋めて起き攻めが可能です。やや難しいですが低空EX空靂刃からコンボも狙えます。画面端ではめくりから画面中央に入れ替えることもできるので攻め継続能力も高め。

そして忘れてはいけないのがVトリガーII選択時のみ使用可能となる「瞬獄殺」。瞬獄殺は暗転後ジャンプで回避不能の1F発生投げとなっておりコマンドは従来の弱P→弱P→レバー6→弱K→強P。通常技であれば空振りでもキャンセルできる他、必殺技もガード、ヒット時に限りキャンセル可能となっており連続技に組み込むことができます。6強Pや立ち中Kなどの通常技をヒット確認してから出せるようになれば試合を決定づける最終奥義となるでしょう。

△崩しにも連続技にも使えるあまりにも強いカゲの瞬獄殺。連続技で使う場合は+2F以上の有利フレームがあれば吸います(中段の+1Fからは繋がらないが弱竜爪脚の+2Fからは連続ヒット)。豪鬼超えました。

今夜勝ちたいカゲコンボ

Vトリガー共通

1、しゃがみ弱K→しゃがみ弱P[c]弱空靂刃(214+弱K)→弱昇竜拳(623+弱P) 143ダメージ
下段からの基礎コンボ。竜巻がしゃがみくらいでもつながるので安心して使える

2、めくりジャンプ中K→しゃがみ中P→立ち強P[c]強空靂刃(214+強K)→強昇竜拳(623+強P) 285ダメージ
密着しゃがみ中Pヒット時のノーゲージ最大コンボ。

3、ジャンプ強K→しゃがみ強P[c]強竜爪脚(41236+強K)→しゃがみ中P[c]弱空靂刃(214+弱K)→弱昇龍拳(623+弱P) 322ダメージ
しゃがみ中P[c]中竜爪脚〆にすると密着+2となるので投げと中足の二択を仕掛けるのも滅茶苦茶強い。

4、ジャンプ中P(空中ヒット)[c]EX空靂刃→強昇龍拳 237ダメージ
すごい減る空対空コンボ。三角跳びなどで画面端を抜けようとする相手に使っていこう。

5、立ち強K(クラッシュカウンター)→前ステップ→立ち中P[c]EX波動拳(236+強P)→強空靂刃(214+強K)→強昇龍拳(623+強P) 283ダメージ
牽制の立ち強Kがクラカンした際のコンボ。ダッシュ立ち強Pもつながるが距離によっては安定しないのでこちらで。

6、【立ち強P→強K】[c]トリガー発動→EX空靂刃(214+KK)→強空靂刃(214+強K)→強昇龍拳(623+強P) 264ダメージ
トリガー共通の発動コンボ。距離を運べるので中央から一気に画面端に運んでしまおう。

VトリガーI「大逆無動」選択時

1、TC【強P(クラッシュカウンター)→強K】[c]Vトリガー発動→ジャンプ中P[c]空中波動拳(236+P)[c]阿修羅閃空(強P+強K)→空中EX空靂刃(214+KK)→強竜爪脚 249ダメージ
カプコントレーラームービーのやつ。格好いいけどVゲージの無駄使いなので実践ではVトリガー発動後→強空靂刃→強昇龍拳と決めよう。

2、(発動中)6強P[c]強化穿波活殺(中P+中K)→滅・昇龍拳(236236+P) 442ダメージ
立ち中K始動でも立ち強K始動でもよいのでとにかくヒット確認からクリティカルアーツにつなげたい時用。

3、(発動中)強化穿波活殺(中P+中K)最大溜め→しゃがみ強P[c]強竜爪脚(41236+強K)→しゃがみ中P[c]弱空靂刃(214+弱K)→弱昇龍拳(623+弱P)[c]阿修羅閃空(強P+強K)→滅・昇龍拳(236236+P) 522ダメージ
どちゃくそカッコいいがトリガーゲージの無駄なので実践では阿修羅閃空を省こう!

VトリガーII「六道塵殺」選択時

1、しゃがみ中K[c]弱竜爪脚(41236+弱K)[c]Vトリガー発動→しゃがみ強P[c]強竜爪脚(41236+強K)→しゃがみ中P[c]弱空靂刃(214+弱K)→弱昇龍拳(623+弱P)[c]禊(強P+強K) 252ダメージ
VT2は必殺技キャンセルで発動できるのでコンボ火力を底上げできます。竜爪脚→Vトリガー発動まで入れ込んでOK。

2、(発動中)しゃがみ強K[c]禊(強P+強K) 180ダメージ
受け身される前につながってしまう謎コンボ。ガードされても問題ない上に地味に減ります。

3、立ち中K[c]瞬獄殺 419ダメージ
ヒット確認から確実にダメージを奪える瞬獄殺コンボ。「中K→弱Px2→6」まで入れておき、ヒットしてたら「弱K→強P」と入力しましょう。しゃがみ中Kや6強P始動でもできるとなおよし。


ということでシーズン4記念すべき1キャラ目、カゲ攻略でした。このキャラたぶん今夜勝てます。(サガットも今夜勝てます、とか言っていたので信頼度は激低です。)というかめちゃくちゃ面白いですカゲ。過去の新キャラで1,2争います。調整内容も公開され幸先よくスタートを切ったシーズン4、しばらくプレイしてなかった人もこれを機に再発進してみませんか!?

The following two tabs change content below.
ナカジマ(コイチ)

ナカジマ(コイチ)

twitter ID:@koichinko
あらゆる格闘ゲームを雑然と遊ぶ浅葉の悪友。
『ギルティギア』シリーズ等、アークシステムワークスの作品では有名プレイヤーとして名を馳せる。密かに、第三回TOPANGAチャリティーカップ『スーパーストリートファイター4』で優勝という実績も。
ソニーコンピューターエンターテイメント主催のイベント”闘神激突”では、格闘ゲームの強いおっさん”闘神”として、『ギルティギアイグザードサイン』で鮮やかなネタ殺しを披露した。
メンヘ○女子が好きという変わった性癖を持つため、メンバーからは一目置かれている。

 - ゴジライン記事, スト5 , , ,