ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【DBFZ】『ドラゴンボール ファイターズ』攻略!戦闘力5からはじめる超サイヤ人への修行の道

      2018/05/09

カリン塔編

対戦格闘ゲームにおける、もっともシンプルな勝敗ルールが「対戦相手の体力をゼロにすること」です。

今回は「与えるダメージを増やすこと」「受けるダメージを減らすこと」について鍛えていきましょう。

【1:威力の高いコンボを覚えよう】

本題に入る前にまずは用語解説から。“コンボ”とは、「攻撃をヒットさせた相手ののけぞり中に、続けて次の攻撃をヒットさせること」で、連続技とも呼ばれます。

▲弱攻撃連打の超コンボを決めていくと、画面上の方で赤い数字が増えていきます。これが今、コンボが何発つながっているかを表しています。数字が青い時は、本当は成立していないけど、相手が受け身を取らなかったせいでコンボになっている状態を表しています。

これまであなたが対戦で使ってきた悟空の弱攻撃連打による超コンボは、2620ダメージです。本作のキャラクターの体力は一律で10000なので、4回弱攻撃を当てれば倒せる計算になります。
ですが、もし対戦相手が4000ダメージのコンボを習得していたら?
単純に、「攻撃を当てる」という駆け引きに、あなたは相手よりも多く勝たなければいけません。コンボを習得するということは、それだけ「少ないチャンスで対戦に勝利できる」ことになるのです。

というわけで、コンボの重要性は理解していただけたでしょうか?

それでは4000ダメージのコンボを決めるためのテクニックを覚えていきましょう。何より、大ダメージのコンボが決まるとめちゃくちゃ気持ちいいですしね!
さすがに今回は文字だけだとわかりにくいので、必ず下にある解説動画とセットで見てくださいね。

●キャンセルとZコンボ

格闘ゲームでは「前の動作の硬直を消して次の動作に移ること」「キャンセルする」と言います。
例えば中攻撃を空振りしてから動く時より、【中→中】という超コンボを相手に当てた時の方が、中攻撃の全体動作が短くなります。これは超コンボの2段目で中攻撃の隙を「キャンセル」しているからです。

この「キャンセル」を利用して、次々に攻撃をくり出していくのが「Zコンボ」です。
基本的には、【弱>中>強>特殊>必殺技】という風に、強くなっていく順に通常攻撃をキャンセルできます。また、同じ強さの攻撃は立ち攻撃としゃがみ攻撃がお互いにキャンセル可能です。

試しにトレーニングモードで、全てガードする設定にした相手に、【立ち弱→弱→しゃがみ中→立ち中→立ち強→特殊→かめはめ波(236+特殊)】と入力してみましょう。
ボタン連打とは違う、たくさんの攻撃が連続で出せたでしょう。これがZコンボで、今頑張って入力した連続攻撃は、これからずっと使っていくとても重要な連携です。
「どうして立ち中よりしゃがみ中の方が先なのか?」という疑問もこの後すぐにわかりますよ。

 

▲連打コンボからは卒業です!まずは上に書いたZコンボを何も考えず入力できるまで手に馴染ませましょう。

●ジャンプキャンセルについて

立ち弱、立ち中など一部の攻撃は、ヒットしていた時にジャンプすることでも隙をキャンセル可能です。これを利用すれば、足払い効果のある“しゃがみ中攻撃”をヒットさせた後、立ち中攻撃で拾って、空中に浮いた相手に追撃が可能です。

【立ち弱→弱→しゃがみ中→立ち中】までヒットさせたら、斜め上(テンキーの9方向)にジャンプして、【ジャンプ弱→中】と攻撃を連続ヒットさせてみましょう。
コンボをつなげる順番を書いたものを「コンボレシピ」と呼びますが、その中でジャンプキャンセルは英語を略して「JC」と表記されます。なので、今やったコンボをレシピに書き起こすと【立ち弱→弱→しゃがみ中→立ち中】[JC]→ジャンプ【弱→中】となります。

そしてこのゲームには、2段ジャンプがありますね。そうです、空中でもう一度ジャンプキャンセルができるんです。
【立ち弱→弱→しゃがみ中→立ち中】[JC]→ジャンプ【弱→中】[JC]→ジャンプ【弱→中→強】と入力してみましょう。2段ジャンプしたことで高度が上がり、ジャンプ強攻撃がつながるようになりました。かっこいいですね。

▲2段ジャンプを使うとかなり高い位置まで相手を浮かせます。ジャンプキャンセルは「直前の攻撃がヒットした瞬間に上入力」するのがコツです。

それでは最後に、本作のコンボで一番大事な要素を紹介していきましょう。
前回、亀仙流の最後に相手の超ダッシュをしゃがみ強で迎撃した後、追撃でスライドダウンが発生していたのを覚えているでしょうか。

“スライドダウン”受身不能時間が長く、超必殺技で追撃できるとても強力なダウン状態です。
スライドダウンを発生させる条件は、しゃがみ強orジャンプ2+強をヒットさせた打ち上げ演出後の追撃でジャンプ強を当てることです。打ち上げの後は超ダッシュで追いかけましょう。

 

▲空中で下方向+強攻撃でいつもと違うモーションの攻撃を出せます。ほとんどのキャラクターが真上に打ち上げ、追撃を可能としています。

というわけで、高威力のコンボに必要なテクニックがそろいました。
超・実戦向けかつ基本のコンボレシピを覚えましょう。

【立ち弱→弱→しゃがみ中→立ち中】[JC]→ジャンプ【弱→中】[JC]→ジャンプ【弱→中→2+強】→超ダッシュ→ジャンプ【弱→中→強】→着地~超かめはめ波(236+弱中)

これで3925ダメージです。最後をメテオ超必殺技の“瞬間移動かめはめ波(214+弱中)”にすると4723ダメージ。相手の体力の半分近くを一気に奪うことができるのです。
今回は悟空を使いましたが、実はこれ、一度覚えればほとんどのキャラクターで同じコンボを流用できます。ジャンプ2+強で横に吹っ飛ばすセルやビルスなどは、ちょっと特殊な玄人向けのキャラクターです。

【☆対戦相手の一歩上を行く対策】

●Zコンボがガードされていた場合は?

アシストを使って攻めを継続しましょう。
まず、上で覚えたコンボをするために【立ち弱→弱→しゃがみ中→立ち中】までは手癖にしてしまいましょう。このあいだにヒットしているか、ガードされているかの確認をして、ガードされていた場合は~【立ち強→特殊→かめはめ波】と、最初に覚えたZコンボを続けて出しましょう。
そして“かめはめ波”のボタンを押すと同時に、アシストを呼び出します。こうすれば、かめはめ波の隙をアシスト攻撃でフォローし、さらにダッシュで接近して攻めのラッシュを継続できます。アシストが残っている限り攻めのターンが続くというのは明確に強い部分なので、覚えておくといいでしょう。

(注:2018年5月9日のバージョンアップで、ベジータのアシストをガードしている最中に超ダッシュやZリフレクトで動けるようになりました。アシストをガードさせて攻めを続けたい場合は、ベジータではなく他のキャラクターを選びましょう)

 

▲かめはめ波とアシストを同時押し。出すアシストは片方だけでオッケーです。

そして、ガードを固める相手に対するガード崩しが、“ドラゴンラッシュ”です。他の格闘ゲームでの“投げ”にあたる攻撃ですね。
ガードする相手に対して、Zコンボ→アシストまで入力したら、相手の目の前まで接近し、ガード硬直が解けるタイミングを狙ってドラゴンラッシュを出しましょう。相手が大人しくガードしていたらドラゴンラッシュが決まってコンボを狙えます。逆に、相手はドラゴンラッシュをかわすためにジャンプなどで逃げる必要があります。ジャンプするということは、ガードを解くということなので、その場合は打撃である【立ち弱→弱→しゃがみ中→立ち中】がヒットするでしょう。
ここで発生する「ジャンプするか、ジャンプしないか」という二者択一が、格闘ゲームにおける「かけ引き」になります。

 

 

▲ガードを固める相手にはドラゴンラッシュ!攻撃ボタンを押しっぱなしにしておくと威力が上がるので、お忘れなく。

これであなたは強力な攻撃手段を手に入れました。このコンボ、そしてガード崩しさえあれば、レッドリボン軍くらいは壊滅させられるでしょう。カリン塔での修行は終了です!

【カリン塔の修行を動画でチェック!】

ページ: 1 2 3 4 5

The following two tabs change content below.
アバター

さいとう

ゴジラインの座布団運び兼格闘ゲーム中級者枠。
多人数よりも一人用のゲームを好み、体験やストーリーを重視しては無駄にウンウンと頷く。
でも面白ければジャンル問わず何でも触ってみるタイプ。

 - ゴジライン記事 , , , ,