ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【旅レポ】活気ある商店街がステージに!岐阜「ぜんため」イベントレポート

   

2017年8月5日~6日の2日間、ゴジラインのメンバーたちと岐阜県に遊びにいってきました。お目当ては、柳ケ瀬商店街付近で開催される「全国エンタメ祭り」、通称ぜんため。このイベントは、ゲームやアニメを軸とした野外イベントで、各メーカーがさまざまなブースを出展しています。特設ステージでは、メーカーの垣根を超えたトークショーや、華やかなライブなども楽しめました。

△ぜんためは、岐阜のお祭りシーズンに重なって行われたこともあり、ゲーム、アニメファン以外にも多くの人たちが足を止め、さまざまなコンテンツとのふれあいを楽しんでいた。

今回の記事では、ゴジラインのメンバーたちと体験してきた「ぜんため」を、いつもどおりゆるっとした記事でお届けします。

△ぜんための会場マップがこちら。商店街を幅広く、大胆につかったイベントとなっていました。

日本一ソフトウェア

岐阜のゲームメーカ―である「日本一ソフトウェア」ブースにいくと、同社の社長である新川さんのポップが。ビールを片手に乾杯を誘うこのポップにコーラで乾杯して、一日目がスタート。新川社長たちのお祭りをやりたいという熱い想いが奇跡を呼んだのか、台風接近で心配されていた天候も、イベント期間中はギリギリの晴れで踏みとどまっていました。お天気雨などが降る時間帯もありましたが、屋根のある商店街をメインのステージとしているため、イベントへの大きな影響はなく、終始大盛り上がり。

△新川社長のポップがでかでかと展示された日本一ソフトウェアブース。

ちなみに、日本一ソフトウェアでは、『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』のPS4版がいちはやく遊べる試遊台が設置。グッズ販売なども盛況のようでした。

ソニーインタラクティブエンタテインメント

SIEのブースは屋外での展示。『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』、『GRAVITY DAZE 2』、『パラッパラッパー』、『ロコロコ』が出展されていました。発売前の新作である『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』は、前作からの進化が節々から感じられ、二人用プレイがとても楽しそうでした。発売されたらやるっきゃない!

△SIEブースのエントランスは、ちょっとしたお店のようで、見ごたえがありました。

△展示されていたゲームはどれも大人気でした。

ホラーゲームブース

ホラーゲームブースでは、『死印』、『深夜廻』、『WHITEDAY』が展示。ホラーの雰囲気を際立たせるためか、開催場所は地下の一室。

△発売前の、『深夜廻』『WHITE DAY』が遊べる貴重な機会でした。

ブースの一角には、まわりを暗幕で包んだ空間も用意されていて、雰囲気作りも万全。屋外を中心としたイベントでありながら、商店街の建物を使った展示、イベントができるのは徳島県で毎年開催されている「マチ★アソビ」と似ていますね。

△ホラーゲームブースの雰囲気は、ホラーゲームにとてもよく合っていました。

IO DATA

ナカジマのいるIO DATAブースでは、HD-RECという、ゲーム画面を録画できるデバイスのPRイベントが行われていました。

△遊びにきたプレイヤーのゲームプレイに、ナカジマや神園さんが実況をあて、その模様をHD-RECで録画してくれるというPRイベントが一日に数回行われていました。勝負に勝ったプレイヤーには、USBメモリをくれるという太っ腹っぷり。

このデバイスは、かんたんな操作でゲームを録画し、それに音声まで吹き込める優れもので、我々ゴジラインのメンバーも活用しています。最大の利点は、PCとつながなくても、録画や動画のトリミングができることなんですが、あまり書くとおれまでお金をもらってそうなので、パス。

△IODATAさんのイベントに出演していた、ナカジマさん(中央)と神園さん(左)。そして、アークシステムワークスの小澤さん(右)。

凡「おれ、ナカジマさんのイベントいってきます。人いなかったらナカジマさんかわいそうなんで」

浅葉「凡、人情の漢か」

凡「勝つとUSBくれるらしいですし」

この後、『くにおくん』でボディプレス(厨技)を100回くらい繰り出し、他のプレイヤーから袋叩きにされながらも勝利する凡さんの姿が見られた。

『舞台めぐり』×ぜんため

スマートフォンで配信中のアプリ『舞台めぐり』がぜんためとコラボ!このアプリは、アニメやゲームの舞台探訪、いわゆる聖地巡礼を楽しむためのアプリで、キャラクターを写真の上に配置して撮影できるのが最大の特徴。今回の「ぜんため」では、出展メーカーのキャラクターたちをダウンロードできるスポットがいくつか用意されていました。

△セガを代表するキャラクター、ソニックをゲット!

△ぜんため会場の商店街で撮影した、ナカジマの写真。ソニックとのマブダチ感、出ています。

ゴジライン・旅の裏話01
30代半ばに差し掛かり、計画性のない人生を送る浅葉とナカジマは、ぜんため2週間くらい前になり、お互いの予定が判明。
浅葉「再来週、岐阜いく」

ナカジマ「もしかしてぜんためいくの?おれもIO DATAさんの仕事でいくよ」

ケンちゃん「じゃあおれも車でいくわ」

Go「ケンちゃんの車乗りたいっす」

浅葉「凡さんもきなよ」

凡「晴れさん(凡さんのマブ。車の免許を持ちつつも車を一切運転しようとしない男・凡を、自らの車に乗せて遊びに連れて行ってあげている聖人君子)といきます」

という凄まじく雑な流れで一部メンバーによる岐阜旅行がスタートしました。

ページ: 1 2 3 4

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

 - ゴジライン記事 ,