ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【スプラトゥーン2】今日からバトルで使える!イカした豆知識

   

「ぬりたく~る…テンタクル!!」の“流行らなそう感”がクセになってきているゆーです。

マニューバーのプチ強化に感動した勢いに任せ、今回は『スプラトゥーン2』で役立つあれこれを紹介。「そんなん知っとるわ」というのが出てきたらスルーしつつ、肉屋さんのブキ使用ガイドと併せて読んでもらえればと思います。

スペシャル発動でトクをする

前作をバリバリ遊んでいた人には耳タコ級の話ですが、スペシャルを発動するとインクが全回復します。そのため、インクを可能な限り使ってからスペシャル発動…という流れがムダなく塗るための秘訣。発動後は、回復したインクでさらに塗り進めましょう。

インクを使い切る際はメインを撃ちまくる以外に、スプリンクラーやポイズンミスト等の“インク消費量が多く、とりあえず投げとけば仕事してくれる”サブを使うのもオススメ。慣れるまでは“サブ投げ→スペシャル”だけでも充分に恩恵を受けられます。

●相性のいいスペシャル
・インクアーマー
・マルチミサイル
・アメフラシ

△サブでインクを減らして即発動!

△もう一個投げるもよし、メインを垂れ流すもよし。

集弾性を活用して撃ち合う(シューター)

『スプラトゥーン2』のシューターは撃ち始めの集弾性が高く、撃ち続けている間にバラけやすくなっていく…という特徴があるようです。

△最初は大体まっすぐ飛んでいるインクも…

△撃ちっぱなしだと途中からバラつくように。

これにより、塗りながら進んでそのまま交戦すると、集弾性が低い(狙って当てにくい)状態で撃ち合うハメになります。数秒経てば(たぶん)リセットされるので、突っ込まずに一旦下がるのも重要。「同じ武器なのに、アイツの方が倒すの早いんだけど!?」って思ったら、コレが影響していることも多いはず。

倒したい時のジャンプは控えめに(シューター、ブラスター)

ついやっちゃうこともある“ジャンプ撃ち”ですが、跳びながら撃ったインクは異常にバラけます。先述した撃ち始めの集弾性もジャンプすることで死んでしまうため、「これは確実に倒せる!」という状況では地に足をつけて撃つのがオススメ。

△この飛び散りようでは運ゲー感が否めません。

「はいワンパンー」と思って撃ったブラスターも、あらぬ方向へ。

ちなみに、広い範囲を塗りたい場合には、あえてジャンプ撃ちでインクをばらまくのもひとつの手です。

サブを構えて反転する

イカダッシュ全力疾走中に反対側を向こうとすると、通常ではブレーキが掛かって動き出すのが少し遅れます。しかし、(トラップ以外の)サブを一瞬構えてから逆方向へイカダッシュすれば、慣性を消しつつ素早い反転が可能に。

●操作手順
イカダッシュ(ZL押しっぱ)→サブ構え(R押しっぱ+ZL離し)→反対にイカダッシュ(ZL押しっぱ+R離し)

突然ボムが転がってきた時、うっかりチャージャーの射線に出てしまいそうな時、味方を狙ったマルチミサイルの着弾点に突っ込みそうな時など、生き延びるのに役立つポイントは意外と多いテク。とっさにやるのは難しいものの、かなり“イカしてるヤツ”感が出るため覚えておいて損はないでしょう。

今回は以上となります。「あれ載ってないとか、エアプか?」というモノがあれば、気が向いた時に適宜増やしていく…かも。

The following two tabs change content below.

ゆー

twitter ID:@you3_kmwt
RPGやアクションゲームのやり込みに定評があるコアゲーマー。
格闘ゲームでは、器用な手先を活かして、難しいキャラクターを使用しがち。
楽をして勝とうとする人間の多いゴジラインの中では、”無駄に器用”という評価が下されている。
長年の友人である凡さんの武勇伝を知る、語り部でもある。

 - ゴジライン記事 ,