ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【シャニマス】有利を押し付け、不利は覆して優勝へ導け! 今夜勝ちたいアイドルマスター シャイニーカラーズ W.I.N.G.攻略

   

ども、&ぅです。4月の『アイドルマスター シャイニーカラーズ』(以下:シャニマス)の1周年無料ガシャを機にプロデュースをはじめた人が周りに増えてきて嬉しく思います。ゲームとしてはぱっと見で要素が多く分かりづらく見え、格ゲー用語でいう”わからん殺し”、”初狩り”されて諦めてしまう人に向けて、ステップとして二つ、「W.I.N.G.の優勝」をとりあえずコレしてれば勝てるポイントをなるべく簡素に解説してみます。
また、そこからやる気がある人向けにステップアップとして「Aランク到達クリア」=Trueエンドまでを解説していきます。リズム音楽ゲームを叩き続けるのが辛い、という方にもまったり自分のペースで楽しめるのでおすすめできるかと思います。既にばりばりプロデュースしとるよ、というプロデューサーの方は箸休め、フェス休め程度に眺めていただければ。

※記事内容は2019年5月時点のものとなります。

△新たなユニット”ストレイライト”の三人を加えて、2年目がスタート! 今から初めてても決して遅くないぞ!

W.I.N.G.優勝を狙うときの事前準備・ユニット編成

 手持ちで最もs(サポート)SRカードが揃っている三種類ある属性から一つに絞り、育てていきます。(以下:特化属性)。無料ガチャなどで引いた枚数の多いsSRカードを「特訓」で重ねていき、特定の属性に特化したユニットを編成していきましょう。

△サポートには前回の記事で紹介しているカードは組み込んでいきたい。もちろんsSSRがあるなら、そちらも入れていこう。

△事前にサポートカードは「トレーニングチケット」でレベルを上げておこう。サポートのスキルLvが上がれば育成が楽になる。

オーディションでの審査員へのアピールは、下の手札と同じ色の審査員にアピールが基本。絶対に覚えておきたいのが、思い出アピールでのK.O.。決まれば”ラストアピール”となり★の加点が狙える。昇龍拳セビキャン滅・波動拳で、あけぼのフィニッシュを狙え!

△ゲーム内ヘルプにも記載してあるオーディションでのスター獲得条件。頭の片隅にいれておいてまず進めていこう。

おすすめ編成などでユニットが組めたら、プロデューススタート。モードは「W.I.N.G.」を選んでいこう。優勝を狙うだけなら各シーズンでは、目標のファン数を超えればクリアなのでじっくり育成していこう。

△編成が準備できたら、まずはここから、W.I.N.G.に挑戦していこう。

シーズン1[目標ファン数1000人]


ラジオ収録を連打して、シーズン1を通過する。休みはトラブル率が10%を越えたら視野に入れていく。トラブルなどでファン数が足りない場合は最後にオーディションを受けていこう。

△メンタルとファン数を同時に稼げるラジオ収録は序盤に最適。あまり考えずに序盤はとりあえずこれ連打でOK。

△スキルパネル解放は、倍率の高いXX倍アピールを優先で憶えるルートを選ぼう。倍率が高いほど高火力だ。

シーズン1行動サンプル:ラジオ収録*5週、休み*2週、(約束を受けてのレッスン*1週)

シーズン2[目標ファン数1万人]


特化属性が上がるレッスンとラジオ収録を交互に選んでいき、シーズン2の後半に1万人オーディションを受けて、シーズン3へ。

△適度に特化属性ステータスをレッスンで上げつつ、オーディションを受ける。流行が1位のときだと勝ちやすいはず。

△アイドルとの約束はなるべく受けていき、思い出アピールゲージを上げていく。思い出アピールは、格ゲーでいう超必殺技やウルコン。レベルをあげて威力をあげよう。

シーズン2行動サンプル:ラジオ収録*2週、属性レッスン*3、休み*2週、(約束を受けてのレッスン*1週)

シーズン3[目標ファン数5万人]、シーズン4[目標ファン数10万人]


特化属性が流行3位のときは特化属性を上げるレッスンを選び、特化属性の流行が2位以上のときは、オーディションを受けてファン数を稼ぐ。シーズン3は5万人以上、シーズン4は10万人以上を稼げばOK。稼いだあとはオーディションを受けてもいいし、受けなくてもいい。

△特化属性の審査員にアピールしていき(写真はVi育成)、思い出アピール溜まったら特化属性にぱなす。だいたいはこれで2位以内で合格できるはず。2位でもいいんです。

△シーズン4で受けられる10万人稼げるオーディション「THE LEGEND」だけは要注意。VoとDaはそれぞれが流行1位のとき、Viは流行2位のとき、集中攻撃するアイドルがいる(かなり強い)。ファン数を稼げているならば、避けていこう。

 

シーズン3行動サンプル:属性レッスン*3、どれかお仕事*2、4万オーディション、休み*2週、(約束を受けてのレッスン*1週)

シーズン4行動サンプル:属性レッスン*2、どれかお仕事*3、5万オーディション*2、休み*2週

準決勝、決勝[オーディションでの優勝] 


ここからは、決まった流行を回避できないので運ゲー要素が強くなります。流行1位と他の流行のキャラ差は、流行2位となら格ゲーのダイヤグラムでいう7:3、流行3位とならば9:1くらい不利が付いています。シーズン中とは方針を変え、【自分の育成属性にこだわらず】、以下のように立ち回りを変えていきましょう。主な戦術は2つ。

プランA:流行1位を連打、思い出アピールで流行1位のラストアピールフィニッシュを狙う。

プランB:流行2位を連打、思い出アピールで流行1位のラストアピールフィニッシュを狙う。

△準決勝、決勝は、最初は運ゲー。成長していけば勝率を上げられるが、成長しても負けられる。アイドルの世界は厳しい。2位じゃだめなんです。

△ポイントとなるのは、流行1位へのラストアピール。これを獲れば勝ちに近づくが、逃したら絶望である。何ターン目で思い出アピールを仕掛けるかはアドリブが必要になる。(アピールが集中すると早いと2ターン、だいたい4-5ターン目が多い)

ここで覚えておきたいのが、準決勝、決勝で流行1位を狙ってくるアイドルがいること。彼女らと争って勝てるのであれば、プランAでガチンコ勝負。育成属性が流行1位で競り負けるのであれば、プランBを使っていくゾ。どの審査員を狙うかもアイドルによって固定されており、育成が不十分のとき避けたいのは、

【準決勝の流行1位ViかDaのとき】
【決勝の流行1位Voのとき】

このパターンのときは、流行1位での争いは避けてプランBを使っていこう。最初から狙う目標(ランク)は高すぎないようにするのがポイントだ。
 

△流行属性をランダムで変更できる「流行雑誌」は有利不利をひっくり返せる(可能性がある)神アイテム。入手機会が多くないので、ゲームに慣れてたらここぞというときに使おう。写真で一緒に使っている「秘密のメモ帳」は、道中の選択肢の正解がわかるもの。お好みでどうぞ。

手持ちにあったらラッキー。強キャラsSSRアイドルたち。

優秀なサポートが多いが、強ライバルが出現するため、ハードルは高めなVo、お手軽なサポートは少なめだが、道中はかなり楽に進めるVi。その中間のDa。と、絶妙なバランスにある属性。無料10連ガシャや、ログインボーナス&デイリー、ウィークリーミッションでジュエルを稼ぎ、うまく引けたら優先して組み込んでいきたい。まずはどれか一つの属性で慣れてから、他属性でもプロデュースをしていこう。

Vo
【霧・霧・奇・譚】幽谷霧子
【凜世夕町物語】杜野凜世
【お菓子なティータイム】大崎甘奈

 

Da
【桜餅マスター……?】園田智代子
【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々

Vi
【闇鍋上等】田中摩美々

次ページからはTrueエンドを狙った、攻略を紹介していく。W.I.N.G.優勝に慣れたら、読んでほしい。

ページ: 1 2

The following two tabs change content below.

 - 未分類