ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【ストリートファイターV AE】201804verの調整リストをゆるりと楽しむ記事

   

ファイティングエッジ刃 for PlayStation4のキーアサイン機能で悪さができないかとガチャガチャしている浅葉です。
2018年4月4日、おれたちの『ストリートファイターV AE』が201804verにアップデートされました。今回の記事では、全キャラクターの調整点をざっと見回し、ちゃちゃっとプレイした雑感をお届けします。特に深いことも書いていないので、読み物としてお楽しみいただけると幸いです。

カプコン公式変更点リストはこちら

△「お前、変わっちまったんだな」と声をかけたくなる方々もいらっしゃいますが、調整が入るというだけでワクワクする人も多いはず。ゴジラインに『スト5』の記事が載らなかったのは、調整を予期していたからなんだよなーと言いたいところですが、ただの怠慢です。


リュウ


立ち中Kの強化で地上戦が地味に強くなった印象。Vトリガー2は狙うポイントが増え、見返りも増加したので、選択しやすくなった。上位キャラクターの火力やラッシュ力がやや弱くなったため、相対的に強くなった可能性あり。弱上段足刀のリーチが伸びたことにより、しゃがみ状態の相手に使うコンボバリエーションが増えたのも嬉しい。着実な強化だが、結構オタク的な要素が多いため、雑な強化は実感しにくい予感。

△Vトリガー2がやや使いやすくなったリュウ。地味な強化が多いものの、周りのキャラクターがマイルドになったことで、リュウの器用さが活きるか!?

春麗


Vスキルがキャンセル可能な通常技から発動可能になったため、コンボや連係の幅が広がった。また、Vスキルの発動ポイントが増えたことで、ややVゲージをためやすくなったのも嬉しいところ。リュウと同じく、かなりオタク向けの調整が目立つため、強化要素を活かしきるには修練が必要そう。

△コンボや連係の幅が増え、強化と言える調整だが、状況確認などをしたうえで使っていく上級者向けの要素の追加が目立つ。


ナッシュ


Vスキルのバレットクリアヒット時の有利フレームが増加したことによりコンボの幅が広がった。やや使いにくい技だが、ここぞという時に使えばうまぶれる可能性も高い。投げのダメージ上昇なども施されているが、プレイフィールに大きな変更はなさそうだ。変更点があまりにも渋すぎて、浅瀬プレイヤーであるおれには今一つ理解が追いつかないので、誰か解説お願いします。

△バレットクリアからしゃがみ弱Pが連続ヒットするようになったが、使いどころはかなり難しそうな予感。


ベガ


Vトリガー2に関する強化が多く、「使ってくれ」という意思を感じる。Vトリガー1に比べて、トリガー中に攻撃をヒットさせる手段のコストが高いため、依然として扱いは難しそうだが、練習する価値はありそうだ。しゃがみ弱P対空のついでに、しゃがみ強P対空もやや弱体化されており守り面に不安が漂う、攻めの強さは相変わらず一級品。ただし、共通調整であるクラッシュカウンターの補正増大は、このキャラにとっては逆風か。

△ユニークな性能を持つVトリガー2が強化されたが、かなり使いどころの難しい要素と成っているので、玄人プレイヤーによる研究が待たれる。

システム全体の変更点
201804veでは、全キャラクター共通の調整として、「クラッシュカウンター発生時のみコンボ補正値が多くかかる」ようになった。この仕様変更により、クラッシュカウンター始動のコンボダメージが低下したため、昇龍拳などへの反撃は、クラッシュカウンター一辺倒というわけではなくなりそうだ。
また、「通常投げが成立した後、必殺技と通常投げのコマンドを同時に入力した場合は、投げ抜けが発生しないように変更」という調整も施されており、これにより今まで猛威を振るっていたEX百鬼襲グラップやEXイーグルスパイクグラップなどができなくなった。

キャミィ


強キャラとして周知されつつあったキャミィだが、今回のバージョンアップでも細かい強化が施された。Vトリガー1のVキャノンスパイク→Vキャノンストライクは、字面だけ見ると強力だが、状況によっては繋がらないため使いこなすには状況確認が必要となる。トリガー2は、ブロック数の減少と、派生の中段攻撃のリスクが低下したことにより、より荒らし能力が増した。苦手キャラとされるアビゲイルが弱体化されたことで、大暴れの予感も。

△Vキャノンスパイク→Vキャノンストライク→クリティカルアーツというスーパーコンボが入るようになったキャミィだが、状況判断はやや難しい。


バーディー


主力技のしゃがみ強Kのリスクが増した。しゃがみ中Pの弱体化は数値だけみると大きな影響があるようには見えないが、一部状況で使いにくくなることも予想される。

△しゃがみ強Kが反撃を受けやすくなったため、地上戦がやや弱体化。とはいえ、攻めのパーツやVトリガーの火力などは据え置きなので、今シーズンもダークホースとして活躍してくれそうだ。


ケン


密着状態のしゃがみ弱Pから通常投げが、暴れ潰しを兼ねて届くようになり攻めがより強力になった。奮迅脚の仕様変更により、ノーゲージでも相手を端に運びつつダメージの高いコンボを狙えるようになった。立ち回りはそれほど強くないキャラクターだが、今回の調整ではより火力に振り切れた感がありより漢気がました。 

△地味だがめちゃくちゃ嬉しいしゃがみ弱Pの強化。

ネカリ


やや扱いにくい技だったVトリガー1中の煙纏う鏡が強化された。EX勇猛なる決起のVトリガーキャンセルポイントが増えたことで、弱攻撃からの攻めのバリエーションも増えている。最近では強キャラの影に隠れがちだったが、上位の陥落で再び脚光を浴びそうな予感。

△Vトリガー1中の特殊行動が使いやすくなり、攻めに変化が生まれそうだ。


バルログ


弱体化要素も少なくないが、通常投げのダメージが大きく上昇したことで、攻めのプレッシャーが増した。弱クリムゾンテラーがコンボに使いやすくなったなどの地味な強化も。EXフライングバルセロナアタックに先行入力が行えるようになったそうだが、どういう効果があるのかは不明だった。深すぎる調整が謎を呼ぶキャラクターだが、概ね強化と言えそうだ。

△通常投げのダメージが20増加。


レインボー・ミカ


しゃがみ中P後にやや距離が離れるため、対空迎撃などからスムーズに攻めを継続しにくくなった。強化点としては、コマンド投げのダメージ増加と、リディーミカからの強シューティングピーチをからめたコンボが可能になっている。立ち回り面での強化がほぼないところが大変潔くて好感触。

△地味な火力アップが中心だが、もともとの火力が高いため、よりワンチャン力が増した。


ラシード


最強キャラクターとの声も多かったラシードは、今回のバージョンアップでかなりマイルドな性能に。EXイーグルスパイクがガード時に跳ね返るようになったことで、端を背負った状態からの攻めや脱出の一手が削られたのは大きな痛手だろう。立ち強P、しゃがみ強Pの弱体化も、攻めの中心となるパーツだっただけに、影響は大きそうだ。今回の調整でラシードに別れを告げるプレイヤーも多そうだが、「元が強すぎただけで下方されても強い」という可能性もまだあるので、今は静観するのも良さそうだ。

△猛威をふるいすぎたためか弱体化されたラシードだが、トリッキーな動きはまだまだ健在。猛者たちのやりこみに期待したい。


かりん


EX天狐のダメージダウンにより、やや決定力が落ちた印象はあるが、投げのダメージ増加が施されているキャラクターなので、攻めの強さは健在のはず。Vトリガー2の夜叉返しが、通常技キャンセルで発動可能になり、Vリバーサルを絡めた攻防に選択肢が増えた予感。Vトリガー2発動中に、Vリバーサルを狙ってくる命知らずなプレイヤーと対戦する機会を祈ろう。

△Vトリガー2の発動ポイントが増えたことにより、一部の組み合わせでは使っていけそうな予感。


ザンギエフ


フライングヘッドバッドがキャンセル可能技になり、空中の相手にフライングヘッドバット→EXボルシチダイナマイトという連続技が可能に。空対空や、ジャンプ逃げに対して見返りの大きい選択肢が追加されたため、密着での攻めがより強力になった。うまくハマれば、あっという間に相手が蒸発するため、大会などでも景気のいい試合を見ることができそうだ。今年はアビゲイルが目立ちすぎ、存在感が薄かったザンギエフ氏だが、今回のバージョンでは「やっぱりザンギエフなんだよなあ」というプレイヤーも出てくる予感。

△空対空で頭突きがかち合ったらEXボルシチまでセット!めちゃ減りします。


ララ


立ち中Kのヒット時有利フレームが増えたため、コンボの幅が若干広がった。Vトリガーをからめたスタンを狙えるセットプレーが仕掛けにくくなったという下方修正は、かなりの痛手となっている。また、地味に立ち中Pやしゃがみ強Kなども弱体化されており、立ち回りにやや不安が。ゲーム全体として火力は低下傾向にあるので、まだまだ戦えそうだが、セットプレーなどを煮詰め直す必要がありそうだ。

△立ち中Kヒット時の有利フレームが増加したことで、固めの見返りがやや上昇。



ダルシム

立ち中Pと立ち中Kのコンボカウントが緩和されたため、Vトリガー後の追撃に使えるようになった。ほぼ据え置きとも言える調整だが、トリガーのプレッシャーが増したことで、露骨な火力負けを感じにくくなっている。

△コンボカウントの変更という地味な変更だが、ダメージソースに乏しいダルシムには嬉しい上方調整だ。


ファン


字面だけ見ると弱体化だが、前投げの硬直が増加したことにより、画面端の前投げに対して受け身をとる相手にしゃがみ弱Kが持続ヒットするようになった。しゃがみ弱K(持続)→しゃがみ中Pとノーマルヒットでもコンボになるため、見返りも大きい。AEになって備わった強さや面白さがほぼ消えない形で残っている良キャラ。

ページ: 1 2

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

 - ゴジライン記事, スト5 , , , ,