ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【ポケモン&FF】立て続けにやってくる11月のビッグタイトルが楽しみすぎる

   

サンとムーン、どちらから遊ぼうか悩んでいるゆーです。今回は、発売目前…というか寝て起きたら発売されてる『ポケットモンスター サン・ムーン』と、11月29日発売予定の『ファイナルファンタジー15』について…ではなく、それらに触発されて遊んでいる関連タイトル(積みゲー)の話が多めです。

“新環境”にふさわしい大変化

ゲームの注目度を裏付けるかのように、公式発信の情報以外にも色々な噂が飛び交う『ポケットモンスター サン・ムーン』。新ポケモンやZワザをはじめとする新システムはもちろん、

・状態異常(まひ、こんらん等)の調整
・メガシンカに関する仕様
・既存ポケモン能力値調整
・↑とくせい変化&追加

などなどなど…細かい真偽は実際に遊んで確かめるとして、『サン・ムーン』での対戦は既存要素を用いても、これまでと大きく異なる、まさしく新世代”と呼べるものになりそうですね。

△環境を象徴するポケモンたちも調整されているとか。

△環境を象徴するポケモンたちも調整されているとか。

対戦だけでなく、育成環境の変化も気になるところ。個人的には、新作ごとに“育成のハードルが爆速で下がり続けている”のも楽しいポイントだと思っています。「なみのり1発で50振れるよ」は、トレーナー復帰を促す魔法の言葉!

△最近は「待ちきれないけど、ORASはもういいかな…」という集団で、サポートを出し終えて積んでいた『ポッ拳』を遊んでます。もつれた時の駆け引きが独特なため、対戦経験が強さに直結している感じで面白い!

△最近は「待ちきれないけど、ORASはもういいかな…」という集団で、サポートを出し終えて積んでいた『ポッ拳』を遊んでます。もつれた時の駆け引きが独特なため、対戦経験が強さに直結している感じで面白い!

XVの前に立ちはだかる強敵“X”

すでに配信されている体験版の映像や写真を、SNS等で見かけない日はない『ファイナルファンタジー15』。当然このビッグウェーブに乗りたかったのですが、夏のセールでDLしたまま積んでいたPS4版『ファイナルファンタジー10/10-2 HDリマスター』を始めた結果、2重の意味でハマって抜けられなくなりました。

△フラタニティ(ティーダの剣)、いつ見てもカッコイイ。

フラタニティ(ティーダの剣)、いつ見てもカッコイイ。

『FF10』はPS2全盛期にも縛り、制限プレイ等いろいろ挑戦して、自分なりにある程度遊び尽くしたつもりでしたが、FF10好きの友人に「なんかおもしろい遊び方あったら教えて!」と軽い気持ちで連絡してみたところ、15の発売日までに終わんのかコレという全部のせプレイ(?)を提示されて震えてます。

△プロローグでのイベント戦闘に2~3時間かけるの図。ザナルカンド頑丈すぎ。

△プロローグでのイベント戦闘に2~3時間かけるの図。ザナルカンド頑丈すぎ。

△人生最速チャーアサ。

△人生最速チャーアサ。

ステータスが低いうちは、エンカウント数で召喚獣が育つ。という今まで知らなかった要素に驚いていたら、そのために550回くらい“とんずら”するハメになったりと、無印&インター版を遊んでいた当時は思いつきもしなかった謎の作業に襲われる日々。

△46時間時点でとんずら完了。ちなみにまだユウナのガードになってません。

△46時間時点でとんずら完了。ちなみにまだユウナのガードになってません

△ビフォー。

△ビフォー。

△アフター(ユウナ能力値据え置き)。

△アフター(ユウナ能力値据え置き)。

稼ぎ(作業)の甲斐あって以降は意外にサクサク進んでいますが、雷平原をはじめとするパワースポットに到着した時のことを考えると恐ろしい…。進捗によっては、『FF15』の発売日が近づく毎に友人への連絡頻度を落とす戦法で発売直後を乗り切ろうと思います。

新作どっちも楽しみだけど、ひとまず明日からは『ポケモン』!
XY以来の服集めなんかもやりつつ、諸々整ったら新天候パーティ作るぞー!

The following two tabs change content below.

ゆー

twitter ID:@you3_kmwt
RPGやアクションゲームのやり込みに定評があるコアゲーマー。
格闘ゲームでは、器用な手先を活かして、難しいキャラクターを使用しがち。
楽をして勝とうとする人間の多いゴジラインの中では、”無駄に器用”という評価が下されている。
長年の友人である凡さんの武勇伝を知る、語り部でもある。

 - 毎日更新 , ,