ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【PSVR】燃える街並みの中で巨大なゴジラを見上げる『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ

   

こんにちは、誤字の多いグループと書いてゴジラインです。グループ名とは特に関係のない映画『シン・ゴジラ』のスペシャルデモコンテンツが、PSVRの発売に合わせて、期間限定で無料配信されています!

『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ
配信日:10月13日
価格:無料(期間限定)
プレイステーションVR専用タイトル

△『シン・ゴジラ』素晴らしい映画でした。本作のコンテンツがVRで配信されると聞いた時には超期待したものです。

△『シン・ゴジラ』素晴らしい映画でした。本作のコンテンツがVRで配信されると聞いた時には超期待したものです。

エヴァの庵野秀明監督がメガホンを取るということで話題になった『シン・ゴジラ』。僕は公開初日に観に行きました。都会のリアルな街並みに災害のような怪獣(作中では巨大不明生物)が現れて、破壊の限りを尽くしていく姿は衝撃的でした。会議を重ねる日本らしさとは別に、逃げ惑う人々の姿が妙に身近なものに感じられたものです。

△プレイヤーの頭上にぬっと現れるゴジラの巨大な尻尾。

△プレイヤーの頭上にぬっと現れるゴジラの巨大な尻尾。

あの破壊の現場で身長100メートルを超えるゴジラを見上げるというのは、どういう気分なんだろう。そんな夢のようなシチュエーションをVRで体験させてくれるのが、この『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツです。そう考えると、一人称視点と怪獣というのは相性がいいのかもしれませんね、と書いてみて、映画『クローバーフィールド』を思い出しました。

△ちょっと暗いですが、建物の影から現れるゴジラ。ここからプレイヤーの前にどんどん近づいてきます。

△ちょっと暗いですが、建物の影から現れるゴジラ。ここからプレイヤーの前にどんどん近づいてきます。

本作のシチュエーションは、ゴジラによって火の海と化した東京の一角で、一人のモブとなって禍々しいまでのゴジラの姿を見上げるというものです。全体的に短いデモなので詳細を書くのは控えますが、このデモで使われているゴジラのCGは映画と同じモデリングだそうです。今回は一般市民としてVRを体験しましたが、いずれゴジラの視点になって暴れ回るVRとかもやってみたいですね。ヤシオリ作戦、される側の視点になってみたいです(笑)

ちなみにゴジラ画像、ホームの記事選択からサムネイル画像にマウスカーソルを合わせてもらうとゴジラの姿が薄らと浮かび上がってくる裏技があるかもしれません。

The following two tabs change content below.

さいとう

時折浅葉氏から電話を受けては無茶振りに奔走するゴジラインの座布団運び。
ゲームはあまりやり込みが得意なタイプではなく、かつ一人用ゲームの好みが浅葉氏とだだかぶりしている。
『ギルティギア』永遠の初中級者勢。

 - PSVR ,