ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【BBCF】今夜勝てるかは解らないスサノオ攻略

   

ご無沙汰しています、ヒマでございます。
今回は先日発売されました家庭用版『BLAZBLUE CENTRALFICTION』の新キャラクター、スサノオについて攻略していきたいと思います。あんまり早くても、遅くても何か言われそうなのでこのタイミングと相成りました。

見た目通りのパワフルさ見た目に反したテクニカルなシステムを合わせもつ、他に無いキャラクターですので、是非一度触って頂きたい!

20161012191019-mp4_000032833

△個人的には怪獣みたいでカワイイフォルムな気がします。

 

ドライブ 『武神』で動きの幅を広げよう

スサノオはラウンド開始時は、薙ギ裂ク狂爪 (以下壱)以外の通常必殺技が有りません。彼は舐めプレイなのか縛りプレイなのかは分かりませんが、自らの必殺技を封印しているのです。その封印を解禁するのがドライブ能力『武神』となります。

20161012191019-mp4_000047679

△ゲージ上の鍵付きの8個のアイコンが必殺技の封印/解禁状況を示しています。点灯しているアイコンは現在のカウント位置です。

 

解禁の流れは、通常技をヒットorガードさせると解禁カウントが1つ進み、D系統の通常技をヒットorガードさせた時のカウントの技を解禁/レベルアップするという感じ。グラディウスのパワーアップシステムをイメージして貰えればわかりやすいかもしれません。ちなみに捌を超えるとまた壱へとアイコンが一周します。解禁済のところでD系統を当ててもスルーされるなど、マジでグラディウスです。

基本になりそうな動き

スサノオはダッシュが特殊で出始めにタメモーションが入ります。そのため機動力はやや低め。リーチの長い技で牽制が主体の戦い方になるかと思われます。Bは判定が横に長く上下にも比較的大きくついているのでメイン牽制として活躍するはず。前進するCや2Cに繋げば先端気味からでもD系統に繋ぐことができ、技の解禁にも繋がります。牽制を嫌って飛ぶ相手には2C、JA、空投げでの対空を。2Cは7F目から頭属性無敵があるので割と信頼出来ます。

20161012191019-mp4_000063246

△開幕距離から届く立B。発生も早めで非常に強力です。

 

ダッシュが遅い半面、空中ダッシュは速く、ジャンプ攻撃も判定が大きいものが揃っているので接近する際のメイン手段となりえます。ただし、触った時のラッシュ力が高いキャラではないので必殺技が揃う前は無理して触るのではなく、端から端まで一瞬で届く6A>キャンセル4Dを軸とした技解禁を狙うのも一つの手です。

20161012191019-mp4_000067919

△この手のデカキャラには珍しい飛び道具。嫌がらせに最適。

 

技の解禁優先度合いはそれぞれの技に強みは有るので悩むところですが、解禁しやすく、コンボにおいて何かとお世話になる壱を速やかにLV3に上げる事を推奨します。壱LV3では始動に関わらずエリアルに移行出来るようになるため、火力が大幅に向上します。

 

△壱LV3を経由したコンボは運び距離も優れており、文句なしです。

 

コンボ途中にD系統を挟み、技を解禁しながらコンボを伸ばしていくのがこのキャラの最終到達点でしょうが、今のところ実戦ではカウントを見ている余裕がなく、カウント状況に合わせてコンボを変えるのは半年後ぐらいの自分に任せ、今夜勝ちに行くためには現在解禁している技をコンボに組み込む認識が無難でしょう。

触った後に何をする?

スサノオの明確な弱点は主に二つ。崩す技がガード時に反撃を受けるような技ばかりという事と、使いやすい下段がない事。そのため、触った後に無理に崩しに行くとリスクが先行してしまいます。なので、相手に接近した際は無理に崩そうとせず、胡散臭いフレームを押し付けるのがベターでしょう。幸い、そういった技は比較的揃っています。

20161012191019-mp4_000081255

20161012191019-mp4_000082356

△6Dや2Dはそれぞれ中段・下段のドライブ技ですが、ガード時は反撃確定。必殺技キャンセルもヒット時のみなのでフォローが効きません。

 

ガードで+3Fの有利を取れるAや、五分かつ連打キャンセルが効く2Aを軸として、大きく前進しながら微有利を取れる、FC対応の暴れ潰しの6B、ガード時もジャンプキャンセル可能な2Cを織り交ぜながら胡散臭くまとわりつきましょう。散リ殺グ礫巌(以下参)が解禁されているならば、レベル問わずガードさせて有利なので、よりバリエーション豊かな連携が組めます。

20161012191019-mp4_000101421

△参はレベルに応じて発生と有利フレームが変化。LV3になればガードクラッシュ技になるので、崩し技としても使用可能になります。

 

またスサノオは移動投げが可能となっています。C>ずらし押しBと入力することでかなりの距離を移動しながら投げを仕掛けることができます。成立時のリターンも高めなので積極的に狙っていきましょう。

△この間合いから投げることができます。使わない理由はないので必ず習得しましょう。

断チ斬ル閃刃の圧

出始めから無敵のある灼キ噴ク桜焔(以下弐)、5F目から脚属性無敵のある中段、狩リ絶ツ襲牙(以下肆)など、各必殺技は優秀なものが揃っていますが、断チ斬ル閃刃(以下捌)このキャラの最強技と言っても過言ではありません。超リーチ、超ダメージ、超補正であり、極めてスーパーな技です。やはりグラディウス同様、最後のパワーアップは優秀なようです。

20161012191019-mp4_000121616

20161012191019-mp4_000121769

△この間合いから届きます。Chするとノーゲージで4000吹っ飛びます。カッケェ…

 

端ではコンボパーツとしても非常に優秀。というかこれと壱LV3があればコンボに困ることはないでしょう。以下のような、極めて見た目の悪いループコンボが普通に減るのでなかなかすごい奴です。

△捌のみ解禁されている状況であれば最適解になりうるコンボ。カッケェ…?

また、捌を解禁することにより、DD『解キ放ツ魔葬ノ凶刃(以下超捌)』も同時に解禁されますが、これも超すごい奴です。冗談抜きで端から端まで届き、ついでに出始めから無敵Chすれば追撃まで出来るウルトラ技。狙って解禁するのは難しいですが、優先して解禁したい技の一つです。

△割と起こり得そうなコンボ。超カッケェ。

とりあえずコンボ集

色々とコンボパーツは多いのですが、全部まとめ切る、覚えきるのはいささか大変なので、壱絡みのみを掲載します。とりあえずはいつでも使えるコンボを覚え、徐々にコンボの幅を広げるほうがなにかと潰しが効くはずです。

 

1:B>C>D>2D>壱LV1~2(>4D)
中央未解禁時用コンボ。4Dは無理やり解禁するときに使用します。4Dを画面端でやると反撃確定なので注意。他の選択肢は空中ダッシュJDで無理やり解禁など。


2:B>C>2C>3C>壱LV3>B>C>2C>hjcJB>JC1>jcJB>JC>JD
壱LV3時の基礎コンボ。運び距離もダメージも言う事なし。


3:前投げ>壱LV1~2>B>C>2C>hjcJB>JC1>jcJB>JC>JD

投げからの基本コンボ。壱はカスらせるように当てる。運びが優れていて使いやすい。


4:前投げ>B>D>壱LV3>B>2C>hjcJB>JC1>jcJB>JC>JD

投げを決めた際に壱LV3の場合。技解禁チャンスが二度ある。


5:(画面端)前投げ>B>D>2C1>D>B>2C>jc>JB>JC1>jcJB>JC>JD
端投げ安定コンボ。B>Dを高めに当てるのがコツ。最初のBを2Cに変えると一部キャラにスカるようになってしまうので注意。


6:6Bfc>6C>壱LV1~2>B>C>2C>D>2D>壱

未解禁用fcコンボ。6Cの強制しゃがみ食らいを活用。


7:6Bfc>6C>壱LV3>A>B>6B>6C>D>壱LV3>3C>壱LV3(>4D)
壱LV3時のfcコンボ。端まで連行できるので優秀。4Dはどうしても解禁したい技がある時に。

△6、7だけ動画化しました。簡単で十分減るのでオススメです。


 

さて、スサノオ攻略いかがでしょうか。正直言ってまだまともな対戦をしていないエアプ状態で執筆しているので、信頼性は皆無です。

20161012193546-mp4_000009230

△ほんとはバリバリ対戦したかったのですが、許してもらえないもんはしょうがない。

 

ですが、スサノオは冒頭でも記述した通り、テクニカル要素と雑にプレイしても何とかなりそうなパワーを併せ持つ、極めて独特な仕上がりのキャラクターであるのは確かです。人の選び方は半端ないでしょうが、好きな人にはたまらないキャラとなりえそうですね。私もしばらくはスサノオを使う予定なので機会があれば遊びましょう。

ヒマ

The following two tabs change content below.
ヒマ

ヒマ

twitter ID:@hima696
13歳にして『ロックマンEXE3』の全国大会で準優勝という、奇天烈な経歴を持つマルチゲーマー。2D格闘ゲーム『ブレイブルー』の全国大会・”BLAZBLUE REVOLUTION ぶるれぼ”で優勝という格闘ゲーマー風の経歴も光る。
『ドラゴンクエスト10』のレベルと『DEAD OR ALIVE XTREME3』のオーナーレベル上げを組み合わせた、全く新しいレベリングを完成させたという情報を耳にした浅葉とナカジマが”サイコパス”認定。”なんか書いてよ”とゴジラインに引きずり込んだ。風雲拳の使い手さながらの活躍が期待される。

 - BBCF, ゴジライン記事, 未分類, 格ゲー ,

【GGXrdR2】『GUILTY GEAR Xrd REV 2』で暴君に挑め!第1回・小川チャレンジのお知らせ
【浅葉のゆるグラブル】第12回『お友達団、古戦場予選Aランク通過』
【MAAB】『ミリオンアーサーアルカナブラッドステージ@ニコニコ超会議2017』レポート
【ストリートファイターV】今夜勝ちたいエド攻略Verβ
【PSO2】バトルアリーナ エンブレム争奪戦プレイガイド・東京編
  • メールアドレスを記入して登録すれば、
    更新情報を自動的にメールで受信できます。