ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【ゲームレビュー】日本ゲーム大賞に選ばれた『メギド72』の魅力を今だから熱く語ろう

      2019/09/28

 

こちらのページでは、実際にこれからゲームを始める方に向けて、軽く攻略について書いていきます。

【フレンド機能について】

ありません。

他のソシャゲのように、フレンドから宝具5の●ー・フーリ●〔オ●タ〕を借りたり、3凸した●●ァを借りて絆を感じることはできません。自分の力で一からゲームの攻略を楽しんでいきましょう。

他の”モンモン”との交流は、時々開催されるレイドイベントや、対人戦で行いましょう。twitterでキャラクターへの愛を叫ぶと同士が現れるかもしれません。

△他のプレイヤーと共闘するレイドイベントが、開催され…ていました(9月17日まで)。

【メギドの属性と攻撃タイプについて】

『メギド』のキャラクターは、おおまかな性能ごとにラッシュカウンターバーストの三属性に分けられています。ラッシュは火力は低いけど手数重視、カウンターは特殊効果のあるスキルを使った搦め手が得意、バーストは奥義ゲージを溜めるのが大変だけど非常に強力、といった感じです。

また、剣アイコンのファイター槍アイコンのトルーパー銃アイコンのスナイパーという攻撃タイプもそれぞれ持っています。 攻撃タイプは三すくみになっているのですが、自軍で使う分にはそこまで気にする必要はありません。戦闘ではターゲットを指定しない場合、槍アイコンのトルーパーは必ず後列を狙います。これは敵の行動にも言えることで、敵の編成にトルーパーがいた場合、自軍の後列を守るか真っ先にそいつを倒しに行くのが重要です。また、敵が剣アイコンのファイターと銃アイコンのスナイパーしかいなかった場合、絶対に前列が的にされます。ステージによっては、前衛や後衛を一人だけにして、わざと敵の攻撃を集中させる、という攻略法も重要です。

ラッシュなどの属性も実戦では気にする必要はありませんが、属性ごとに装備できるオーブが異なるので、編成時は意識するといいでしょう。例えば、倒れた味方を蘇生させるオーブはバースト限定です。

△ME(マスエフェクト)という、リーダーと属性や攻撃タイプを一致させると特殊効果を得られるシステムがありますが、これもそこまで気にしなくていいです。

【初期ガチャで狙うべきは誰?】

ゲームを始めると、ラッシュ、カウンター、バーストの中から1属性を選んで無限に引き直せるガチャが回せます。 そこら辺の攻略サイトを見ると排出されるメギドの一覧(リリース時に実装されていた51体)が載っているので、見た目が気に入ったキャラクターがいたら、その属性を回しましょう。 攻略重視の場合は、カウンターガチャを回すのがオススメです。これは序盤で加入する強力な配布キャラ(下で紹介)に、カウンター属性が多く、ME(マスエフェクト)を活用できるため。

カウンターを回す場合にオススメなのが、マルバスアムドゥスキアスシトリーの3人です。 マルバスは手軽にHP回復ができるヒーラーで、奥義には味方全体のHP回復と防御力上昇効果があります。これも下の項目で説明しますが、防御力上昇の効果はとても強力です。

△オッドアイに漆黒の片翼。こじらせていないギリギリの線を保ったいい子。いい子すぎる。

アムドゥスキアスは味方一体に敵の攻撃を2ヒット無効化するバリアを張るスキルを持つサポート役です。『メギド』は戦闘終了時に味方全員が生存しているとクエスト完全クリア扱いになるため、ヒーラー含め味方を守る性能がとても重要なゲームです。必ず役立ってくれるでしょう。

△腹ペコ系正義のヒーロー。セミも食べる。

シトリーは奥義ゲージが長くで威力が高い、バースト寄りの性能です。前衛にしては防御力が低いため、やや扱いづらいキャラクターです。が、彼女の真価はスキルの雷属性3ヒット攻撃にあります。序盤は無理に使う必要はありませんが、ある敵と戦うために、いずれ必要になる時が来るでしょう。

△他に強いのは、フォラスやアンドロマリウスなど汎用性の高いサポーター。攻撃力の底上げができるので、”推し”メギドができた時に性能を活かしやすいです。また、攻撃タイプの関係で前衛が的になることが多いため、ダンタリオンのような高火力の後衛は優秀。

【配布キャラで強いのは誰?】

序盤の配布キャラでは、初期メンバーのシャックス、1章で加入するガープマルコシアスです。全員カウンターです。

シャックスは感電スキルを持っているので、相手の妨害が簡単に行えます。 ガープは味方をかばうスキルを持った、いわゆるタンク。ただしタンク役の中ではアタッカー寄りの性能のため、防御力が物足りなくなる時もあります。真価を発揮するのは、専用オーブを手に入れてから。味方を守りながら余ったフォトンで火力が出せます。

△脳筋系デビルバスター。システムに愛されている。

マルコシアスは二種類の状態異常を与えるスキルと高倍率の奥義を持ち、敵が悪魔ばっかりの本作で悪魔特攻を備えた超ハイスペックキャラです。 無課金プレイで攻略に困ったらこの3人を中心に編成を考えていきましょう。

筆者、まだ育成できてないんですけど、アスモデウスって人が滅茶苦茶強いらしいですよ?

【敵が強くて倒せない!】

いったん攻略の歩みを止めて、味方を進化させましょう。このゲームはレベル差がある限り、ステータスが全てです。

△進化させると、各ステータスが一気に上昇します。このゲームはレベルより進化度です。

少し大人の話をします。『メギド』ではダメージ計算式に、一部の界隈で「アルテリオス計算式」と呼ばれるものの発展形を採用しています。「アルテリオス計算式」とは、“攻撃力-防御力=ダメージ”という『ペーパーマリオRPG』や『ファイアーエムブレム』に採用されているもので(好意的表現)、『メギド』の場合は“(補正が乗った攻撃力-補正が乗った相手の防御力)×特殊補正=実ダメージ”となります。

相手とのステータス差が開くほど与えられるダメージは低く、受けるダメージは大きくなるのはRPGでは当然ですが、この計算式の場合は数字が極端に増減します

ステータスが低ければ、タンク役が相手の攻撃を受け止めきれなくなり、逆にレベル差が大きければ相手のダメージは1~3桁で済んでしまいます。本作ではキャラクターのレベルを上げるのももちろん大事ですが、進化させた時のステータス上昇量が大きいため、敵の攻撃が痛いor敵が固くて勝てない、と感じた場合は仲間を進化させてステータスで殴りましょう。特殊ギミックを持つ相手でも、難易度ノーマルならだいたい進化でどうにかなります。

だから、敵の強力な全体攻撃が来るターンに、マルバスの奥義で防御力を上げておく必要があったんですね。

【手持ちのメギドを増やしたい!ガチャを回したい!ガチャ!!!】

ちょっと待ちましょう。

毎月、月末~月初にかけて、“激★魔宴(サバト)”という特別なガチャが実装されます。サバトでは直近のイベントで登場した新メギドが追加されるだけでなく、普段は5%のメギド排出率が10%にアップします。手持ちの戦力が少ないうちは、貯めた石はここで使うといいでしょう。ちなみに、”テルミナスメギド”という何体かの特別なメギドは、このサバト中のみ他のメギドの半分の確率で排出されます。ずば抜けて性能が高いというわけでもないので、召喚できたらラッキー程度に考えておくのがオススメ。

△通常ガチャではピックアップキャラでも排出率は0.5%。茨の道です。よっぽど狙い打ちしたいキャラでない場合はオススメしません。Rアスタロト…オリアス…

いかがでしたか?(キュレーションサイト風)

ここまで読んでいるということは、『メギド』を始めようとしていますね?(食い気味)

エンドコンテンツはキャラの育成とストーリーのVH攻略、と言いたくなるくらいキャラクターに比重が置かれたゲームなので、スタミナドリンクが切れたら、時にはゆっくりと素材を集めるのも大切です。もしメギドクエストの素材集めに詰まったら、土曜から日曜へ日付が変わる直前に呼び鈴を使ってボーナスタイムを発動させましょう。

それでは、良いメギドライフを。あなたの”推し”が見つかりますように!

created by Rinker
KADOKAWA
¥2,750 (2020/11/25 23:15:45時点 Amazon調べ-詳細)

固定ページ: 1 2

The following two tabs change content below.
アバター

さいとう

ゴジラインの座布団運び兼格闘ゲーム中級者枠。
多人数よりも一人用のゲームを好み、体験やストーリーを重視しては無駄にウンウンと頷く。
でも面白ければジャンル問わず何でも触ってみるタイプ。

 - ゴジライン記事