ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【プレイレポート】過剰強化された怪しく美しいRPG『Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ-』に浸る

   

RPGオタクゆえ、新作が出ると睡眠時間が危うい浅葉です。
2016年の個人的イチオシRPGだった『Caligula -カリギュラ-』の完全版とも言える『Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ-』が発売されました!
アニメ版も放送され、飛ぶ鳥を落とす勢いの『Caligula -カリギュラ-』ワールド。オリジナル版のPS Vita版を最初に遊んだ時は、荒削りながら熱量溢れるRPGとして、とても楽しませてもらいました。そこからアップデートを重ね、Vita版の最終パッチがこの作品の到達点かなと思っていたら、もう一段階スゴイものが来てしまいました。世界の広がりはより拡張され、より遊びやすくなり、レスポンスも向上しました。
今回の記事では、本作のプレイレポートをお届けします。

『Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ-』
発売日:2018年5月17日
ジャンル:次代の学園ジュブナイルRPG
価格:7,980円+税
フリュー
プレイヤーの「知りたい」好奇心を刺激する
世界とキャラクターの秘密を解き明かす

本作のテーマは、公式によると現代病理×偶像殺し。厨二病的ワールド大好きの方はもうこれだけで購買意欲が湧いてくるはず。ネタバレを避けるべくぼんやりと説明しますが、本作で主人公たちが冒険することになるのは老若男女問わず高校生の姿になる「メビウス」と呼ばれる世界。めちゃイケメンも、めちゃ可愛いあの子も、現実世界の姿とは異なる可能性があるのです。そんな理想の世界から脱出を試みようとする主人公たちですら、物語の最初の方では想像もつかないような秘密や心の傷を抱えています。物語を進めるにつれ、その秘密や心の傷が明らかになりますが、中にはグサリとプレイヤーに刺さるものも用意されています。苦しい真実を聞かなければよかった、でも知りたいという好奇心も抑えられない、だから物語を進めるのを止められないというジレンマが、プレイヤーを揺さぶります。

△女性キャラクターたちの抱える秘密を解き明かしていくことで、衝撃的な現実を知ることも。

現代病理というテーマは、主に精神方面のことを描いていますが、このテーマはさまざまなエンタメで使われています。しかし本作は、その掘り下げ方が恐ろしく広く、深いため、遊んでいてぞっとする瞬間が幾つかあります。ただクリアーするだけならそれほど時間はかかりませんが、全てを知ろうとプレイすると、ゲーム内の登場人物とのコミュニケーションは膨大なものになります。本作では、メインキャラクターはもちろん、学生としてゲーム内に登場する生徒にも、個性が割り振られており、500人以上登場するすべての生徒を仲間にできるという凄まじいシステムが用意されているので、『Caligula -カリギュラ-』ワールドにより踏み込みたいという方は、是非いろいろなコミュニケーションを試してみてください。

△登場する生徒全てに、名前と性格が与えられている。その数500以上。

△親密度をあげていけば、メインキャラクター以外の生徒と交流し、仲間にすることも可能。

Story
自我が芽生えたバーチャルアイドル「μ」(ミュウ)が人々の幸福のために創り出した理想の世界「メビウス」
現実で苦悩し、μの歌に強く共感した人間のもがメビウスに誘われる。
人々はメビウス内で現実の記憶を忘却しており、老若男女問わず。μが思う「人間の一番輝かしい時期」である高校生となる。主人公はそんなメビウスにおいて、現実の存在に気づいてしまった異分子。
各々個人的な理由で、現実に帰るための強い意志を持っており、現実に帰るための組織「帰宅部」を結成する。
公式サイトより引用)

未来を視てからコマンドを決める!
スキル飛び交う濃密バトル

ユニークなバトルも本作の魅力の一つ。バトルでは、キャラクターの行動を次々と選択していく形式で、主に”動作時間、ヒット数、ヒット効果”などがさまざまに異なる”スキル”を使い分けて戦います。攻撃をヒットさせている間に、他のキャラクターが攻撃を仕掛けると”コンボ”扱いになるシステムとなっているので、行動順やヒット効果を考えつつ戦うのが基本です。スキルの数は膨大なので、普通にプレイしていると効果を覚えるのも大変なのですが、本作には”空想視(イマジナリ―チェイン)”という、戦闘中に選択するコマンドの結果を予測してくれる未来視のシステムが用意されているので、コマンドの最終決定までに何度もリトライが効きます。

△複数キャラクターによるコンボを組み立てるのが本作の戦闘の醍醐味。打ち上げからの追撃などは、「空想視」であらかじめタイミングを確認すると繋ぎやすくなる。

△バトルに慣れていない時期は、空想視を積極的に活用しよう。キャラクターの動きを把握してくれば、次第に空想視なしでも、戦闘を円滑に進めることができるはず。また、空想視は確実な予想ではないため、状況によっては失敗することもある。

キャラクターの育成要素なども膨大に用意されており、RPGのやりこみを求めるプレイヤーにもがっちりマッチするはず。『Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ-』では、オリジナル版よりも繰り返し戦闘したり、探索を行う際のテンポが劇的に向上しているのも嬉しいところです。

『Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ-』の主な変更点
・女性主人公の追加
・新キャラクターが複数追加
・新ルート「楽士」ルートの追加
・キャラクター固有の「オーバードーズスキル」を追加
・装備アイテム・スティグマのネガティブ効果を削除

△楽士ルートでは、主人公たち帰宅部の前に立ち塞がった楽士たちの心の闇に触れる。

オリジナル版の『Caligula -カリギュラ-』の魅力は、他のRPGにはない苦味でした。キャラクターや世界観の深み、やりこみ要素などが、作り込みによってがっちりとゲームの中に組み込まれているため、時々どうするのが正解かわからなくなりました。そんな不思議な自由度にぐっときたのを覚えています。大きなストーリーの分岐があるわけではないのに、プレイヤーの通った道はきっと一人一人バラバラで、よくわからないままガチャガチャと操作していたシステムがいくつかあったりする自由度の高さと、底知れぬ歪さがたまらなく良かったのです。

【プレイレポート】PS Vita『Caligula -カリギュラ-』が、アニメ化してほしいくらい素晴らしい 

PS4版の『Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ-』は、オリジナル版のテンポを向上させ、より遊びやすくした作品です。追加要素も、オーバードーズの名に恥じないほど多く、オリジナル版を遊んだプレイヤーでも新しい楽しみに次々と触れられる傑作です。PS4版では、PS Vita版で感じた心地よい苦味のようなものが消えてしまうのではないかと心配していたのですが、本作でもしっかりとそれは残っていて安心しました。RPGが大好きな人が作ったことが、これほどはっきりわかるRPGはなかなかありません。
仄暗い学園ジュブナイルRPGを遊んでみたいという方、ジャケット買いしても間違いのない作品です。RPGといえばやりこみという方にもオススメです。どこか歪で美しい『Caligula -カリギュラ-』ワールドを歩む仲間が増えることを楽しみにしています。

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

 - ゴジライン記事 , , , ,