ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【回答結果:ゴジラインアンケート.01】お気に入りのRPGヒロインは?

   

「お気に入りのRPGヒロインは?」というアンケートに対して、187件の回答をいただきました。皆様のお気に入りヒロインを、なるほど、わかりますと眺めたり、初めて知るヒロインを教えていただいたり、大変楽しく、有意義なアンケートになりました。
今回の記事では、簡単な結果報告として、票数を多く獲得したキャラクターを紹介させていただきます。

【回答結果:ゴジラインアンケート.01】お気に入りのRPGヒロインは?

回答数187件

キャラクター名作品名得票数
エアリス『ファイナルファンタジー7』 9
ビアンカ『ドラゴンクエスト5』 7
ティファ『ファイナルファンタジー7』 7
コレット『テイルズ オブ シンフォニア』 5
リーンベル『エンド オブ エタニティ』 4

187件の回答をいただき、一部のキャラクターに結構票が集中するのではと思いましたが、1票のみというキャラクターが非常に多いアンケートでした。
『ファイナルファンタジー7』のエアリス、ティファ、『ドラゴンクエスト』のビアンカなど、著名タイトルのキャラクターに関しては票が集まりました。『テイルズ オブ シンフォニア』のコレットや、『エンド オブ エタニティ』のリーンベルも人気のようです。『スターオーシャン』や、『ヴァルキリープロファイル』のキャラクターにも投票が多く、トライエースヒロインはやはり人気が高いですね。
『ペルソナ』シリーズも投票が多かったものの、キャラクターは大きく分かれていました。このシリーズに関しては、3と4が特に人気で、バトルで活躍するキャラクターはもちろん、”コミュ”のキャラクターにたくさんの投票をいただきました。
スマートフォンのゲームも多数投票があり、『グランブルーファンタジー』や『グリムノーツ』などは、キャラクターが分かれたものの、タイトルとしての回答数が多く、勢いを感じました。
皆様からいただいた感想を見てみると、シナリオと結びついて、お気に入りのヒロインが生まれているように感じます。
強いからお世話になったという意見も多数ありました。これも、とてもわかります。

以下、熱い思いを感じたコメントをいくつか抜粋させていただきます。

ミスト(『ルーンファクトリー』)
外伝を含め6作品続いた『ルーンファクトリー』シリーズの方向性を決定付けた伝説のヒロイン。 メインヒロインでありながら、他のRPGヒロインと一線を画すセリフや行動は多くのプレイヤーの度肝を抜いたであろう。 無論、私もその一人である。 ミストとの出会いは記憶喪失の主人公が倒れかけたところから始まる。 息絶え絶えに水と食料をと訴えると、ミストはクワとジョウロを持ってくる。 働かざる者、死あるのみ。 記憶喪失の主人公に対して自分の牧場を貸してくれるというミスト。 牧場を見学して回ると、明らかに墓にしか見えないオブジェクトが林立している。 また、町の者に挨拶をしに行くと、「あなたもミストに騙されたの?」という旨のお言葉をいただく。 なお、その先人達は見つからない。 ミストの住居は何故か町から外れた場所にあり、その周辺の水辺では一切魚が釣れない。 牧場で働き始めると毎日、朝から晩まで畑を監視しにくる。 挙げていけばキリがないミストを取り巻く異常な環境。 だが、それが可愛いのである。 やや天然ボケで、何故かミストだけ何もしなくても異常な速度で上がっていく愛情度を眺めていると、不思議とお嫁さんにしたくなるのである。 マイペースでのほほんとしたキャラという触れ込みから、ここまでの破天荒さを予想できた人がいただろうか。 面白いゲーム(含み無し)のプレイレポが得意なゴジライン様には、ぜひ、『ルーンファクトリー』をプレイしていただきたい。 上記は私がお気に入りのヒロインであるミストの、ほんの一部の天然エピソードである。


ヒノカ『ラグナキュール』

ヒノカは軍人の女の子で、冒険中の主人公と出会い モンスターの起こした事件に共に巻き込まれるのですが、 初めはおカタくとっつきづらい関係だったのがその 事件の中で主人公を認めていき、その後仲間になったあとは いわゆる「戦友」のような感じになっていきます。 またこのゲーム、タイプの違う複数の女の子が 仲間になるのですが、ヒノカ以外の娘が仲間に増えていくと、次第にヒノカも恋愛対象として主人公を意識していきます。しかし軍人、武士気質なヒノカは素直にはなれず、 キツく当たってしまうこともしばしば……。といった具合に、当時中学生だった私に 「ツンデレ」とはかくも素晴らしい!ということを教えてくれたキャラクターになります。(私の嗜好に多大な影響を与えてくれました ※いつも記事、配信楽しませていただいております。 いち読者、ファンとして僭越ながらアンケート参加させていただきます。これからも活動応援しております!


コーデリア(『サガフロンティア2』)

ビジュアルが可愛いのも当然ですが、キャラとしての性能もよく使いやすいのがありがたいです。 ストーリーでは、新米ヴィジランツでありながら「実力には自信がある、足りないのは経験だけ」といったお転婆さや、悪いことを言った時に素直に謝れる正直さなども彼女の魅力と言えるでしょう。 ストーリーを進めるに連れてお転婆だった少女が段々と女性らしく成長していくのも印象的でした。 彼女を語る上で外せないのが「潜入!アレクセイ一味」だと思いますが、初プレイ時は彼女を選んでその最期に呆然となったのを覚えています。 そして個人的には、正史が死亡ルートという悲恋さが彼女の魅力をいっそう引き立てていると思います。認めたくはないんですけどね。許さんぞ、ゴジライン!! まだまだ語り足りない所ではありませんがこの辺で失礼させていただきます。 少しでも多くの方に彼女の魅力が伝わると幸いです。

キャスティ(『アルノサージュ』)
ツンデレの純度を極限まで高めた純国産正統派ツンデレヒロインです! どちらかというと控えめなタイプのヒロインが好きですが、キャスティで「本物」の圧、感じました 身体が蝕まれていく主人公の身を案じ、(主人公を操作している)1プレーヤーに真摯なねがいをかけるシーンはゲーム屈指の名シーンです!


アキハバラナエ(『メダロット2』)

この『メダロット』というシリーズ、ダブルヒロイン制をとっておりまして。 各イベントでの行動次第でクリア時のルートが分岐するというギャルゲチックな要素が盛り込まれております。 「アキハバラナエ」さんはそんな『メダロット2』のダブルヒロインの片割れ――ではないのです。 彼女は無印『メダロット』のヒロインなんですね。 でも、私が好きなのは2の彼女なんです。 『メダロット2』は初代のあとのお話でして、主人公である少年が交代しています。 そのため、前作のキャラがお兄さんお姉さんとして出てくるんですよ。 「アキハバラナエ」さんもその一人です。 私はメインであるヒロインそっちのけでサブキャラである「アキハバラナエ」さんをいいなあと思ってたわけであります。 思えば当時小学生だった私には彼女の「お姉さんっぽさ」がクリーンヒットだったのでしょうね。 あれから可愛いキャラクターにたくさん出会い、好きなヒロインの属性も増えましたが、二次元の女の子を「いいなあ」と思う原点には、未だに彼女がいるような気がしてなりません。 久々に『メダロット2』やろうかなあ……。

他にも、熱いコメントやユニークなコメント、たくさんお答えいただきありがとうございました。
『ルーンファクトリー』のミストちゃん、わかります!『アルノサージュ』はイオンちゃんもkawaiiですよね!
今回、アンケートの集計係をやらせてもらった私、浅葉も、なんだかめちゃくちゃ触発されたので、近々、愛するゲームヒロインたちを紹介する記事を投下することにします。

ゴジラインでは、以降も不定期でアンケートを続けていく予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

 - ゴジライン記事 ,