ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【シャドウバース】今夜勝ちたいワンダーランドドリームズ

      2017/07/04

EVO1週間前にもかかわらず、ゲーセンに行く気がせず家でごろんごろんしてるナカジマ(独身)です。世間は一気に夏の陽気になって外は30℃を超える中、クーラーガンガン効かせた部屋でクーリッシュ咥えてシャドウバース。夏はコレです。皆さんもシャドウバース新弾の『ワンダーランドドリームズ』楽しんでいますでしょうか?

△6/29についに解禁となった第5弾カードパック「ワンドリ」。新たに104枚のカードが追加され、これまで利用価値の低かった”ニュートラル”カードが一気に強化されてます。ナカジマは二度と使わないであろうレジェを砕くことでほぼ全カード揃えました。さらばスカルフェイン。

ワンドリ注目カード

今弾の注目カードはワンドリのイメージキャラクターにもなっている“不思議の探求者・アリス”場に出ているニュートラルカードを強化するだけでなく、手札にあるニュートラルカードまでも強化するという恐ろしい効果を持っています。これさえあればあまりにも無力だったベルエンジェルが0/2から1/3に、使い道のなかったゴリアテのおっさんも4コス4/5という神アテになっちまうって訳です。しかもアリスの効果は重複可能、3積み待ったなし。

△4コスト3/4という一般的なスタッツながらも『ファンファーレ 自分の手札のニュートラル・フォロワーすべてと自分の他のニュートラル・フォロワーすべてを+1/+1する。』という手札強化が可能なアリス。性能もデザインも完全にkawaii。

ニュートラルで神カードだったらクラス関係なく使えちゃうじゃん?って思った人、天才です。その通りです。ですが世の中には天才が多すぎたのか、稼働初日にしてニュートラルカードメインで組まれたアリスデッキがランクマに氾濫してしまったのです。ロイヤル、ビショップ、ドラゴン、どのクラスが来ようが「1T目ゴブリン→2T目リリエル→3T目ゴブリンリーダー→4T目アリス」という流れが定着しました。リュウでいうところの「開幕ジャンプ強K→立ち中P→しゃがみ強P→強昇竜」です。開幕は「ラウンド1、ファイト!」よろしく「獲物発見、いくぞー!!」がはじまりの合図。ヤバイ過去は捨ててみんな幸せです。

△ニュートラルデッキの軸となるテンプレートデッキがこちら。このテンプレートに各々のクラスの強カードを加えた構築がどのクラスでも安定して強いです。あまりにもお手軽かつ安定したデッキゆえゴジラインの間では敬意を表して「ハッピーセット」と呼んでいます。

どのクラスのデッキにも使えるので、引退してたけどちょっと復帰しようかなという人も、これからシャドウバースを始めようとしている人も、まずこのハッピーセットを揃える所から始めてみましょう。必要エーテルもレジェンドが”アリス”3枚のみなので10,500エーテルあれば、ほぼほぼ揃ったも同然です。

クラス別おすすめハッピーセット

ロイヤル

おすすめ度:☆☆☆☆
デッキコード発行

△初日に猛威を奮ったロイヤル版ハッピーセット。3T目に“シンデレラ”(3/4/4)というスタッツの法則を乱しているカードを盾に、ニュートラルカードを+2/+4する“プリンセスキス”を通せば破壊的な火力が出せます。中期戦になった場合も新カードの“トランプナイト招集”で何故かニュートラル戦士が3人並ぶのでフェリアやアリスで強化してトドメを刺しましょう。

ビショップ

おすすめ度:☆☆☆☆☆
デッキコード発行

△ビショップ版ハッピーセットは新型疾走ビショップとも言える形に。序盤に盤面を取りづらかったビショップの弱点をゴブリン達が上手く補ってくれます。また“スノーホワイトプリンセス”という、死にかけると進化する白雪姫が“天界の忠犬”と上手くシナジってワンワンすることにより強固な守りを実現。中盤の“三月ウサギのお茶会”“天空の守護者・ガルラ”によるブリキコンも、進化で守護無視の6ダメージを叩き出せるため超強力です。

ヴァンパイア

おすすめ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
デッキコード発行

△恐ろしい勢いで全国に広まっているワンドリ最強クラスのデッキ。ハッピーセットだと思って頼んだら、オマケにダブルクオーターパウンダーが付いて来るレベルの圧。序盤は“トーヴ”(2/3/3)の神スタッツで場を荒らし、相手フォロワーを“豪拳の用心棒”(4/3/4)で破壊する、アリクイ&マタギコンビが強いです。中盤は5ターン目に“バフォメット”のエンハンス能力で新レジェンドの“昏き底より出でる者”(8/6/7)を確定サーチしましょう。(「くらきそこよりいでるもの」と読みます。)この通称“者”を5コスで手札に加えられればその試合は勝ったも同然。6ターン目に“者”を設置し、7ターン目で確定2ダメージを奪える“緋色の剣士”“鋭利な一裂き”でシャッシャッとすれば18、19ダメージが秒で溶けます。7コスに“アルカード”または“エメラダ”の疾走4点パンチでOTK(1ターンキル)するデッキもありますがもはやどっちでもよいです。

△全ての元凶であるカードがこの”昏き底より出でる者”(8/6/7)。潜伏から攻撃をしかけた場合、6ダメ+6ダメ=12ダメ(進化時は8+8=16ダメ)、潜伏中に倒してもラストワード効果により何故か6ダメージを与えます。今まで”ビーストドミネーター”か”名前の長い蛇”くらいしか運んでこなかった”バフォメット”が今作ではとんでもない者を目覚めさせます。

昏き底より出でる”者”対策デッキ

すさまじいデッキパワーを誇るニュートラルヴァンパイアですが、“昏き底より出でる者”の性能を理解した上で専用デッキを組めば対策は可能です。者の弱点は6ターン目に置いた瞬間ボディががら空きになる点と、潜伏中の者に対して行動不能or破壊してしまうかのどちらかになります。クラス限定とはなりますが、おすすめの”者”対策デッキをご紹介します。

ネクロマンサー

デッキコード発行

△ネクロマンサー版”者”対策デッキ。昏きオタクを設置された後でも“不死者+ソルコン”“ボーンキマイラ+ネクロアサシン”などのタゲ選択なしの破壊で潜伏中の者を破壊できる。ただし進化されると8ダメージが貫通してくるので注意が必要。“カムラ”を置いておけば、8ダメ受けて8ダメ回復とノーカンにできるのは大きい。

ビショップ

デッキコード発行

△完全に対昏きシフトで組んだデッキ。6ターン目に者を設置されたとしても“アイアンメイデン”による行動不能や“神羅裁判所”または“テミスの審判”での痛み分けが可能となっており、後半まで凌げれば“大修道女”による5点回復や“ヘヴンリーイージス”で一気にとどめを刺すことができる。リーダーに対する4ダメージ以上の攻撃を3ダメージに抑える効果を持つ新カードの“ノイシュ”も一役買ってくれる良デッキ。

ウィッチ

デッキコード発行

△現在最もニュートラルヴァンプに行けるデッキとして噂されているのがこの新型土ウィッチ。者に対して“禁忌の研究者”での破壊が狙える他、“変異の雷撃”潜伏中の者を燃えネズミに変化させることで、相手の苦労を水の泡にできる。かなりしてやったり感が強いので、昏きヴァンプに怒りすぎてスマフォを叩き壊す前に一度お試しあれ。

ヴァンパイア

デッキコード作成

△先行引いてバフォメット5ターン目に出せば勝ちです


以上、シャドウバース最新環境「ワンダーランドドリームズ」のオススメデッキ集でした。今夜勝ちたい人はハッピーセットに昏きを足したヴァンパイアが圧倒的にオススメですが、性格がひねくれた自分なんかは強デッキをいかに破壊してやるかに楽しさを見つけたいタイプなので、今後も対策デッキを作ってメタっていきたいと思います。ワンドリ環境、見方によってはサガット1強時代のスト4みたいな面白さがあるのでグラマスまでゆるりと遊んでいきたいですね。

△現在は10戦中9戦くらいヴァンパイアとあたる暗黒時代ですが、メタデッキが増えることで甘えたヴァンピィちゃんも駆逐されると信じて闘っていきましょう。ヴァンパイアを使うことでヴァンパイア対策をしていたJくんがいつの間にかヴァンパイア使いになってたので、いつかランクマで殺します。

The following two tabs change content below.
ナカジマ(コイチ)

ナカジマ(コイチ)

twitter ID:@koichinko
あらゆる格闘ゲームを雑然と遊ぶ浅葉の悪友。
『ギルティギア』シリーズ等、アークシステムワークスの作品では有名プレイヤーとして名を馳せる。密かに、第三回TOPANGAチャリティーカップ『スーパーストリートファイター4』で優勝という実績も。
ソニーコンピューターエンターテイメント主催のイベント”闘神激突”では、格闘ゲームの強いおっさん”闘神”として、『ギルティギアイグザードサイン』で鮮やかなネタ殺しを披露した。
メンヘ○女子が好きという変わった性癖を持つため、メンバーからは一目置かれている。

 - ゴジライン記事 , ,