【DOAX3】追加水着第20弾、マンボウを着たあの娘に教官と呼ばれたい

マリーちゃんの写真を撮っている時に幸せを感じる浅葉・35歳です。
『DEAD OR ALIVE Xtreme3』の水着もついに第20弾に!
今回追加された”マンボウ”は、第19弾のイソギンチャクと同じく、コスプレポリス風の水着ですが、露出度が大幅に強化されております。お腹とか胸元とかがたまらないパッションを放っています。このコスチュームを着たマリーちゃんが、俺のことを「教官」って呼んでくれるアップデートをしてほしい!

△こちらがマンボウ。ミニスカすぎて、ヒラヒラする度にピンクな空気が流れます。

△後方からの眺めはこのようなことになっております。

△水に濡れたマンボウもたまらないぜ!

チェック柄って、なんだかんだ男のロマンが詰まっているような気がしますね!

迷彩柄って個人的にはあまり萌えない属性の一つなのですが、このゲームはまたそんな俺の食わず嫌いを破壊してくれました。
迷彩の良さがわからないまま一生を終えなくて本当に良かった!

△迷彩柄のマンボウ+ロングのマリーちゃん。これはこれでたまらなくイイ。迷彩服に萌えたのは初めてかもしれません。

△全体像。お腹と生足の健康美の素晴らしきこと!なんと健全なゲームなんだ!

△腹筋するマリーちゃん。俺のことを「教官」って呼ぶアップデートを頼む。

これだけ水着が追加されると、そろそろ打ち止めになるのではと心配になってきて最近『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』にも手を出し始めたのですが、これはこれで”イイ”んですよねえ。
マリーちゃんが殴られるゲームなんてやりたくない!と逃げ出した夜もあったけれど、それなら殴られなければイイのではということで、CPU戦やトレーニングモードを中心に遊んでいます。攻防の入れ替わりがとにかく激しいゲームなので、格闘ゲームとしてやり込んでいったら絶対面白いんだろうなと思いつつ、まだ覚悟が決まりません(笑)

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

人気記事

  1. 1位

  2. 2位

  3. 3位

最近の記事

  1. 【PR】ミニPC「GEEKOM GT13 PRO」をゲームの記事制作&動画編集に…
  2. 【スト6】今夜勝ちたいモダンタイプ・ベガ攻略
  3. 【スト6】今夜勝ちたいベガ攻略
  4. 【スト6】今夜勝ちたい豪鬼攻略
  5. 【急展開】「喜多山浪漫」先生インタビュー第三回:『魔法捜査官』のキャラクターデザ…
PAGE TOP