ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【TGS2018】空を飛び、戦う!スマホで遊ぶ多人数対戦『Kick-Flight(キックフライト)』をサイバーエージェントグループブースで遊んできた

   

2018年9月20日(木)〜9月23日(日)、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018。サイバーエージェントブースには、目を引く『Kick-Flight(キックフライト)』の黄色いロゴと艶やかなコンパニオンのお姉さんたちの姿が!ゴジラインでは、ふらふらと引き寄せられるように試遊とブースを楽しんできました。

△サイバーエージェントブースの奥を覗いてみると、ぴょんぴょんとジャンプしている公式コスプレイヤーのお姉さんの姿が!私、気になります!(うらまる @uramaru_yさんとのこと!)

『キックフライト』は、4vs4で遊べるスマートフォンゲーム。タイトル通り、フィールド内を飛行するように移動するのが本作の最大の特徴。最近では、スマートフォンのゲームでもアクション性の高いものが増えてきているが、本作はその中でも格別の操作感を持つものに仕上がっていた。スマートフォンでお馴染みの長押し、タップ、スワイプという操作でキャラクターを操るものの、その組み合わせ方は実に多彩。やりこみが活きる作品になりそうだ。

ゲームショウで体験できたのは、3分の間に「クリスタル」を集めた数を競うモード。ゲーム開始直後は、フィールドに設置されているクリスタルを奪う展開となるが、時間が経過すると「相手を倒すことでクリスタルをうばえる」というルールが重要になってくる。相手との戦闘は、画面下部に装備された「スキル」を駆使して行うことになるが、試遊の段階でも様々な効果を持つものが用意されており、自分の好みや戦術に合わせたカスタマイズも楽しめる。

まだ開発中のものを出展しているため、やや動作に不安定な部分もあったが、今回のゲームショウで得られた意見や感想などを活かし、より良いものを作っていきたいとの話も聞くことができた。筆者たちが遊んだ時点でも、「空を飛び、戦う」というコンセプトは十分楽しいものに感じられたし、勝敗に一喜一憂できる対戦ものならではの面白さも前面に出ていた。チーム戦ならではの戦略など、ややコアゲーマー向きに見える要素もあったが、スマートフォンでここまでの「ゲーム」が楽しめることに驚かされた。

△プレイヤーは「キッカー」というキャラクターたちの中から一人を選択し、遊ぶことになる。キャラクターごとの特徴なども気になるところだ。

本作のリリースはまだ先とのことだが、続報は『キックフライト』の公式ツイッターを中心に展開されるとのことなので、気になる方はフォローしておくことをおすすめする。

『キックフライト』ブースの
美しきコンパニオンさんたち


『キックフライト』ブースのもう一つの見所は、健康美を感じる衣装のコンパニオンさんたち。イベント当日は、ゲームだけでなく、ブースの雰囲気を楽しむギャラリーの姿も多く見られた。

特別に飛ばせてもらいました!

「『キックフライト』ブースのジャンプするアトラクション、めちゃくちゃ面白そう!」と眺めていたら、「取材」ということで、ゴジラインから一人飛ばせてもらうことに。とはいえ、ゴジラインのおっさんたちは腰痛やら高所恐怖症のおっさんばかりなので、行動を共にしていた「ミズシナさん」を生贄に差し出すことになりました。日頃から「オレは若い。20歳」とか言っている37歳のミズシナさんのハイジャンプの模様を以下に載せておきます。

△ミズシナ「キミたち、最近老いたよね。ここは、永遠の若さを保つオレに任せろ」。髪の色がYouTuberみたくなっててめちゃ頼もしかったです。

△ジャンプのための器具を装着するミズシナさん。37歳としての威厳を感じます。

△インストラクターのお兄さん「じゃあ、飛んでみましょうか」。ミズシナ「え、もう飛ぶんすか?」

ミズシナさんの必殺技、エアトリガー。

△ミズシナさんの必殺技、オズワルド。

ミズシナさんは地上に帰還後、「背中と足の筋肉がイカれた」とか頼もしい発言をしていました。普段使わない筋肉を使うようで、これを普通にぴょんぴょん飛んでる『キックフライト』のお姉さんたちマジスゲエ!

ミズシナのゆるいジャンプをみた後は、コスプレ占い師の渚さんのガチジャンプを見てさらに感動。
ジャンプ中どころか、着地したあとも笑顔を絶やさない渚さん。
着地後に全身が痛いと疲労困憊の顔を浮かべるミズシナ。
どこで差がついたのか。

△ただでさえ大変なジャンプを、ロゴの描かれた看板を抱えて大ジャンプ!渚さんスゲエ!

『Kick-Flight』キックフライト
ジャンル:360°空中対戦アクション
対応機種:iOS/Android
価格:基本無料(一部アイテム課金制)
配信時期:2019年配信予定
GRENGE

ゴジラインでは引き続き、『キックフライト』を追いかけていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

 - ゴジライン記事 ,