ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【ストリートファイターV】今夜勝ちたいアビゲイル攻略

      2017/08/11

新キャラが出たときだけ元気なナカジマです。EVOでの衝撃の発表から1週間、ついにアビゲイルがリリースされましたね。画面1/3を覆うデカさとスタンゲージが頭で隠れるほどのとんでもない見た目をしていますが、動きの遅さと身体の大きさをパワーでカバーできるのか?そもそも本気で勝たせる気があるのか?誰もが気になる性能をチェックしていきましょう。

△ストV最大のデカキャラとなるアビゲイル。見た目通りのリーチと火力を持った超重量級キャラです。おれは使いません。

アビゲイルの戦い方

アビゲイルの基本戦法はリーチの長い手足を使ったけん制で圧をかけて、移動距離の長い前ステップからコマンド投げを狙っていくというシンプルなもの。

<アビゲイルの主力技>

立ち弱P…発生5Fの対空技。上の判定が強く、ほとんどの飛びを落とす。地上の暴れ技としては弱い。

しゃがみ弱P…地上の主力。リーチが長いので相手の接近を拒みつつキャンセルでギガントフープなどに連携しよう。

しゃがみ弱K…発生4Fの下段。アビの中で最速発生なので反撃に重宝する他、ガードで+2な上に投げも届くスゴ技。

立ち中P…発生9F、ガード時+5というハチャメチャな技。僅かに遅らせたコマンド投げが3F暴れを吸う。ヒット時は4強Pが繋がる。

しゃがみ中K…リーチの長さもさることながら、なんとヒット確認でキャンセルが可能。EXアビゲイルパンチで追撃したいところ。

立ち強P…とんでもリーチのクラッシュカウンター対応技。多分この技がアビゲイルの肝。密着ガードで-3Fだがほとんど反撃不能。

ギガントフープ(63214+P)…両手ハンマーパンチ。硬直が優秀でガードされた場合でも弱五分、中+1F、強+2Fと攻めを継続できるのでキャンセルや接近時に使っていこう。

アビゲイルスマッシュ(63214+K)…間合いの広いコマンド投げ。弱のが間合いが広く、強のが威力が高い。EXは壁バウンドして跳ね返ってくるところに追撃可能。強い。

基本的に使う技は上記を覚えておけばOKです。立ち強Pのリーチとリターンがかなりぶっ飛んでるので地上けん制の主力にしていきましょう。相手は立ち強Pに対して差し替えしやジャンプ攻撃を狙ってくるため、差し返しを狙う相手には前ステップからのコマンド投げ、または強ギガントフープで一気に接近してきましょう

△ガードさせて+5Fという凄まじい性能を誇る立ち中P。ここからはじまる攻めは脅威となるだろう。なってください。

接近を拒むために相手も飛び道具で応酬してきます。一見このキャラ飛び道具に詰んでるんじゃねえか?と思うかもしれませんが案外大丈夫です。以下の対策を駆使してなんとか近づいてください。

<飛び道具対策>
1、4強P…タイミングを合わせれば弾を打ち消します。ゲージを溜めつつキャンセルもできます。
2、強ギガントフープ(63214+強P)…上を抜けつつ近づく。EX版は1F弾無敵なので弾抜けも可能。
3、Vスキル…ハンガビー・ロー(下Vスキル)で取ってトリガーを溜める
4、ナイトロチャージ(KK同時押し)…アーマーで受けて読み合う。Vトリガー中ならホールドでOK。

△ネタ枠かと思いきや飛び道具が見た目通りに当たらなかったり思いの外食らい判定の小さいアビゲイル。これはあるのか!?

接近さえしてしまえばアビゲイルの強みが全力で活かせます。しゃがみ弱K→投げしゃがみ弱K→しゃがみ弱Kの単純二択、立ち中Pをガードさせてから立ち中Pかコマンド投げの二択、連係がガードされてしまった後のしゃがみ中K[c]強ギガントフープなどで攻めを継続させていきましょう。後ろ下がりで逃げる相手にはしゃがみ中K→EXアビゲイルパンチがヒット確認も簡単でオススメです。

△強ギガントフープはガードさせて有利になるスゴ技。ここからのコマンド投げもシンプルに強力です。

Vスキルの謎

Vスキルのハンガビーは6入れでバンガビー・ハイ、下入れでバンガビー・ロウと二種類の当身をだすことができます。飛び道具はどちらのVスキルでも取ることが可能ですが、立ち攻撃は基本的に立ちVスキルでしか取ることができない。打点の低い攻撃(リュウの立ち弱Kなど)も立ちVスキルという点に注意しましょう。一方しゃがみ弱Pやしゃがみ中Pなどのしゃがみ攻撃はしゃがみVスキルでないと取ることができません。しゃがみ弱Kなどの下段もしゃがみVスキルでのみ取ることが可能。失敗した場合は被カウンター扱いとなってしまうので使い所が難しいですが、アビゲイルの可能性を感じる技となっています。

△リュウの立ち弱Kは立ちVスキルでしか取ることができません。成立時の見返りは大きいので積極的に狙って行きたい技ですが見た目に騙されてはダメです。

小ネタ集

・アビゲイルのVトリガーは強P系統がホールド可能になりアーマーを付与することが可能。また4強Pホールドはタイミング合えば相手の飛び道具をリフレクト(跳ね返し)ます。ダルシムのCAも跳ね返します。

・まさかの柔道可能キャラ。画面端で前投げを決めた後は歩き前投げが3F暴れを潰します。

・前中Pの中段がカウンターした際はしゃがみ弱Kが連続ヒットします。持続重ねレシピが見つかれば面白いことができるかも。今のところはない。

・中距離からおもむろにEXナイトロチャージして打撃と投げで択をかけるのが強いかもしれない。攻撃判定のついたアーマー付きのダッシュから打撃と中段と投げの択できる技が弱いわけがない。多分。

立ち中P[c]ナイトロチャージ(KK同時押し)→最速ベイエリアサンライズ(投げ)が相手の4F暴れを吸い込みます。一見かなりハメ臭い見た目してるけど3Fとジャンプに負け。今夜勝ちたい時に使いましょう。

△立ち中P→構え→移動投げは見た目がハメくさくて最高です。初心者を倒したいだけの連係ですが、もしかしたら上級者にも今夜だけは通るかもしれません。

今夜勝ちたいアビコンボ

1、しゃがみ弱K[c]弱アビゲイルパンチ連打(236+弱P連打) 148ダメージ
4F発生なので確定反撃や差し替えしなどに使えます。

2、立ち中P→4強P[c]EXアビゲイルパンチ連打(236+PP連打) 287ダメージ
EXアビゲイルパンチ後、レバーをニュートラルにしておくとアビゲイルが楽しそうです。

3、めくりジャンプ中K→しゃがみ強P[c]EXギガントフープ(63214+PP)→強アビゲイルパンチ(236+強P) 345ダメージ
EXギガントフープ密着ヒット時は1段目の発生が早くコンボに使えます。ヒット後はしゃがみ中Pで落として攻め継続も可能。

4、対空Vスキル上[c]強アビゲイルパンチ(236+P連打)[sc]アビゲイラー(236236+P) 436ダメージ
当身からの大ダメージが狙える対空コンボ。当身発生までは3Fで成立するので通常技対空が間に合わないと思ったら狙いましょう。

5、立ち強Pクラッシュカウンター→前ステップ→しゃがみ強P[c]強アビゲイルパンチ連打(236+強P連打) 313ダメージ
これがカウンター時の基本系。ゲージが余ってる時は前ステ→EXギガントフープ→強アビゲイルパンチと繋ぎましょう。

6、EXアビゲイルスマッシュ(密着63214+KK)→6強P[c]強アビゲイルパンチ連打(236+強P連打) 293ダメージ
コマンド投げからの追撃コンボ。6強Pの引きつけが重要。画面端はムリなので4強P~強Pで妥協しましょう。

7、Vスキル地上成立時→しゃがみ強K1段目[c]Vトリガー→しゃがみ強P[c]EXギガントフープ→溜め4強P~強P→弱アビゲイルパンチ連打(236+弱P連打) 361ダメージ
当て身からかなりのダメージを奪えるVトリガーコンボ。難しいポイントは溜め4強Pが微溜めという点。しゃがみ強Kを当てる前に微歩きを挟むことでギガントカス当たりが減る。

8、立ち強Pクラッシュカウンター[c]Vトリガー発動→溜め立ち強P→微歩き→微溜め4強P~強P→弱アビゲイルパンチ連打(236+弱P連打)[sc]アビゲイラー(236236+P) 610ダメージ
クラカンからCAまで繋ぐ超火力コンボ。これも微歩き→微溜め4強Pが難しいですが慣れればできるレベルです。


見た目に反して、Vスキルでの当身、目押しコンボや中足ヒット確認など地味にステップアップできるポイントも多く、奥深そうなキャラクターになっています。キャラの強さは謎ですがコアな使い手が増えそうなアビゲイル、今後のストVキャラ情勢を動かしてくれることを期待しています。

The following two tabs change content below.
ナカジマ(コイチ)

ナカジマ(コイチ)

twitter ID:@koichinko
あらゆる格闘ゲームを雑然と遊ぶ浅葉の悪友。
『ギルティギア』シリーズ等、アークシステムワークスの作品では有名プレイヤーとして名を馳せる。密かに、第三回TOPANGAチャリティーカップ『スーパーストリートファイター4』で優勝という実績も。
ソニーコンピューターエンターテイメント主催のイベント”闘神激突”では、格闘ゲームの強いおっさん”闘神”として、『ギルティギアイグザードサイン』で鮮やかなネタ殺しを披露した。
メンヘ○女子が好きという変わった性癖を持つため、メンバーからは一目置かれている。

 - スト5, 格ゲー , ,