【イベントレポート】ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本で、伝説のRPGのルーツを感じる

『ドラゴンクエスト11』の発売日が近づき、高ぶりをおさえられない浅葉です。
今回の記事では、2017年7月16日から8月6日まで開催されているドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本のレポートをお届けします。

ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本
■開催期間
2017年7月16日(日)  ~ 2017年8月7日(月)
・平日10:00~18:00(入館17:30まで)
・金土日祝10:00~19:00(入館18:30まで)
※8月4,5,6日のみ20:00まで延長(入館19:30まで)

■会場
洲本市民広場横 赤レンガ建物(旧アルファビアミュージアム)内特設会場
(兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8)
■主催
ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ洲本特別展実行委員会

■企画協力
スクウェア・エニックス 集英社
スギヤマ工房有限会社

■チケット
当日 一般1,200円/中高生1,000円/4歳~小学生700円

△東京、大阪などで開催されたドラゴンクエストミュージアムが、兵庫県の淡路島にある洲本市で開催!

淡路島の洲本市は、『ドラクエ』の生みの親である堀井雄二氏の出身地ということで、堀井氏に縁のある場所や、洲本市の名所を回るスタンプラリーイベントなども同時に開催されています。さらに、ミュージアムの前の広場には、『ドラゴンクエスト』のパブリックアートが展示されるなどの力の入りっぷり。開催されている建物がれんがでできていることもあり、なんとなく『ドラクエ』な風味を感じられるのも素晴らしいです。

△こちらが洲本市市民広場前に展示されたパブリックアート。アンベールイベントには『ドラゴンクエスト』の生みの親の堀井雄二氏や、洲本市市長の竹内通弘市らが出席。

△会場に設置されたこれも『ドラクエ』展示物のひとつ、ではありません。ミュージアムが開催されている場所が、どことなく『ドラクエ』風味を感じられるので、興味のある方は、施設の外も探索してみてください。

ミュージアム内部には、『ドラクエ』シリーズの名シーンを再現したジオラマや、歴代のパッケージ。そして、写真撮影不可の「ファミコン版『ドラゴンクエスト』シリーズの開発資料」などがずらり。この開発資料は、方眼紙に書き込まれたダンジョンマップや、手書きの表などが盛りだくさん。コンピューターゲームの製作資料が、アナログであったことに驚くばかりです。『ドラクエ』ファンなら、資料を見ただけで高まること間違いなしなので、まだ見ていないという人は是非この機会に観覧してみてください。

△『ドラクエ5』の、花嫁を選ぶシーンもジオラマで再現!

△構図の面白いジオラマもたくさんあるので、是非現地でご覧になってください。

△バトルシーンを、躍動感いっぱいに表現したジオラマ。

△箱の中を覗き込むような形のジオラマも。

ジオラマの実物は、立体感や躍動感がものすごいので、是非現地でご覧になってください。

シリーズを遊んでいるプレイヤーなら、ジオラマを見るだけで、ゲーム画面が目の前に蘇ってくるような感覚に包まれるはず。
やっぱり俺、ビアンカのことが好きなんだよなあなんて思いながら、会場内をグルグルと回っていました。

さらに、このドラゴンクエストミュージアムと同時に、堀井雄二展という神イベントが開催されています。
堀井さんが、どのような歩みで、『ドラゴンクエスト』を作ったのかが、非常にわかりやすい形で紹介されています。また、ゲームクリエイターとして走り出した時期に作り上げたPC作品なども展示されており、それらはなんと、実際に遊ぶこともできます。

△『ドラゴンクエスト』の展示を堪能した後は、堀井雄二展をお見逃しなく。

△フリーライター時代の写真も!

△フリーライター時代の記事も紹介されています。

△堀井雄二展の展示も『ドラゴンクエスト』風味満載です。

△この展示、現地で見ると鳥肌が立ちます。最強パーティじゃないか!

△実機で展示されているのは『ラブマッチテニス』、『ポートピア連続殺人事件』、『軽井沢誘拐案内』の3本。

『ドラゴンクエスト』ファン、堀井さんファンなら是非とも見てほしいイベントです。
今月末に発売される『ドラゴンクエストⅩⅠ』前に観覧しておけば、過去作を振り返るいいきっかけになるかもしれません。
なお、このイベントが開催されている淡路島は、兵庫県、徳島県から陸路でアクセス可能な島になっています。
島というと、狭い土地を想像する方もいるかもしれませんが、淡路島は瀬戸内海最大の島。観光スポットも多いので、ドラゴンクエストミュージアムを観るだけでなく、いろいろ回ってみてはいかがでしょうか。海が近いので魚をイメージする方も多いかもしれませんが、個人的にオススメなのは、やはり名産の玉ねぎ。淡路島の玉ねぎも、他の玉ねぎも大差ないのではと思っている方こそ、ぜひ、現地で食べてみてください。おれは、まるで別の食べ物のように感じました。(ウチの奥さんは、玉ねぎが嫌いなのですが、「淡路島の玉ねぎはいける」とか言っているくらいです。)

△淡路島にいくと、いろいろな場所で玉ねぎを見かけるはず。

△同時開催されているスタンプラリーでは、洲本市の名所も回れるようになっている。

△スタンプラリーには2つのコースが用意されていて、制覇したコースによって、グッズがもらえます。スライムベスの巾着とぬいぐるみ。巾着の中には淡路島産の玉ねぎが入っているとのこと。

開催期間は8月上旬までなので、興味のある方はお早めに!

The following two tabs change content below.
浅葉 たいが

浅葉 たいが

ゴジライン代表。ゲーム、アニメグッズのコレクター。格闘ゲーム、アドベンチャーゲーム、RPGをこよなく愛する。年間100本以上のゲームを自腹で買い、遊ぶ社壊人。ゲームメディア等で記事を書くこともあるが、その正体はインテリアデザイナー、家具屋。バンダイナムコエンターテインメント信者かつ、トライエース至上主義者。スマートフォン版『ストリートファイター4』日本チャンプという胡散臭い経歴を持つ。

人気記事

  1. 1位

  2. 2位

  3. 3位

最近の記事

  1. 【PR】ミニPC「GEEKOM GT13 PRO」をゲームの記事制作&動画編集に…
  2. 【スト6】今夜勝ちたいモダンタイプ・ベガ攻略
  3. 【スト6】今夜勝ちたいベガ攻略
  4. 【スト6】今夜勝ちたい豪鬼攻略
  5. 【急展開】「喜多山浪漫」先生インタビュー第三回:『魔法捜査官』のキャラクターデザ…
PAGE TOP