ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【ニコ超2017】最速最強は誰だ!?『ミリオンアーサーアルカナブラッド』ニコ超ステージの見どころ

      2017/04/30

新作格ゲーのステージにご招待されました

ゴジラインでは五億年ぶりに書く、幽霊部員のケンちゃんです。いよいよ2017年のニコニコ超会議も開幕した、ということで、ゴジラインメンバーが登場する4月30日に開催される『ミリオンアーサー アルカナブラッド』ステージ@ニコニコ超会議2017について紹介していきましょう。


ミリオンアーサー アルカナブラッドステージ@ニコニコ超会議2017

それではまず、登壇メンバーから見ていきましょう。

【出演者】
琢磨尚文(『ミリオンアーサー アルカナブラッド』プロデューサー)
T田(4Gamer)
コイチ(ゴジライン)
ケンちゃん(ファミ通App)
三宅(スクウェア・エニックス eSports部)

プロデューサーの琢磨さん以外の4名によるメディア対抗戦になる予感。ファミ通App、4Gamerという名だたるメディアの中にゴジラインの名前が。取材と称してコイチと事前に練習する機会があったのですが……初プレイで

コイチ「ケンおじの剣サー、マジで雑」

開幕1プレイ目で口プレイを仕掛けてくるマナーの悪さ……。このカジュアルプロゲーマー、メーカーの方々を目の前にしても態度が変わりません。

また、『ストⅤ』ではかなりの強者という噂のスクエニ三宅さんは、自社というアドバンテージ(?)を生かして相当練習している模様……。それなのに……

三宅のケンちゃん「僕は空中ダッシュのゲームは苦手ですから……」

的な保険を用意しているというタレコミが入ってきました。さらにアルカナハートの強豪T田は「どう考えても俺がこの中だといちばん強い、けどキャラが弱い。」と言い訳を用意済み。この4人の対戦、そしてトークがどうなるのか……良識派の僕は今から心配です。

『ミリオンアーサーアルカナブラッド』とは

『ミリオンアーサーアルカナブラッド』(以下、『MAアルカナブラッド』)とは、スマートフォンなどで展開されている『乖離性ミリオンアーサー』をはじめとした『ミリオンアーサー』シリーズの格闘ゲーム。スクウェア・エニックス初(?)の2D格闘ゲームです。

新作格闘ゲームが出ること自体に喜びを感じているこのタイトルですが、本作のポイントはNesica2によるゲームセンター同士のネット対戦。すでに『鉄拳』シリーズでは展開されている世界観ですが、これが2D格闘ゲームになるとどうなるのか……いまからワクワクな感じですね。

明日の放送で勃発するであろう僕らのロックな口プレイと対戦を楽しんでいただくためにも、まず、琢磨Pのツイッターで公開されているインストを確認してみましょう。

ジャンプ、ハイジャンプ、空中ダッシュにコンビネーションブレード(チェーンコンボ)と、格闘ゲームではベーシックなシステムが多くそろっています。

そして、戦いのポイントになりそうなシステムをピックアップしていきましょう。『ミリオンアーサー』シリーズらしく、漢字とカタカナがミックスした名称で複雑そうですが意外とシンプルです。失礼かもしれませんが、分かりやすくするためにも他の用語で例えてみましょう。

対戦を見る上で知っておきたいシステム

騎士召喚(ミリオンナイツ)……いわゆるサポート攻撃。各キャラ3キャラまでのサポートをセットでき、専用のサポートゲージを消費して呼び出します。キャンセル召喚、通常召喚と種類があり、ゲージの復活スピードが変化するようです。

連鎖乱撃(ミリオンブレイド)……Aボタン連打でコンボがつながるスタイリッシュコンボ。しゃがみA連打でもしっかりとつなげてくれるので便利。

攻撃回避……『P4U』シリーズ、『KOF』シリーズの前転。しゃがみガードしながらA+B連打でも出るので、防御手段としてかなり強力

限界突破(リミットブレイク)……コンボカット機能があるバースト。1ラウンドに1回しか使えませんが、使用後はゲージが増加し、逆転のチャンス到来。

因子覚醒(エンチャントブースト)……攻撃の動作をキャンセルして覚醒する。覚醒中は攻撃にさまざまな効果を発揮する属性が乗るようですが、まずはロマキャン的使いかたと覚えておけば問題ないでしょう。

このあたりを知っておけば”わかったようなコメント”を放送でも打ち込めるはず。あと覚えておきたいのが6Cや空対空ジャンプ攻撃を軸とした対空の駆け引き。空中行動がかなり多いので、ここから一気にダメージを与えるかもかなり重要そうです。

MAアルカナブラッド説明

つぎは4月30日の放送で使用される4キャラの特徴をチェック。どういう戦いかたをするか説明しますが、よくわからない人はYoutubeなんかで『アルカナブラッド』で検索して予習すれば、なおよしでしょう。

【ケンちゃん】アーサー剣術の城(CV:宮野真守)


いわゆる飛び道具、突進、跳び上がる系無敵技と3拍子そろったスタンダートキャラで、使用するのは私ケンちゃん。

剣を使用する攻撃のため攻撃は重めだがリーチは長く、使いやすい無敵技もあるので攻め込まれても大丈夫。困ったときのしゃがみA連打から発動する連鎖乱撃(ミリオンブレイド)からのコンボは何度も見られることでしょう。

【コイチ】盗賊アーサー(CV:佐倉綾音)

コイチが今回使用する盗賊アーサー。2段空中ダッシュがある彼好みらしいキャラ性能となっています。リーチは短いもののスピードがかなりあるので、そのハンデを感じさせない現状かなり評価が高いキャラでもあります。

空中からの飛び道具と紐を使った移動で時間いっぱい闘う姿が見れるか!?(逃げるなよ)

【スクエニ三宅】ゼクス・ジークフリード(CV:梶裕貴)

開発中止となった『デッキメイクミリオンアーサー』の主人公。使用プレイヤーはコソ練をかなりしているという噂のスクウェア・エニックスの三宅さん。

アーサー剣術の城と同じく剣を使用するリーチの長いキャラで、相手の飛び道具を吸収する左腕の魔眼手甲がポイントとなりそう。パワーを吸収すると強力なエネルギーを放出して反撃などができるようなので、かなりテクニカルな戦い方が期待できそうです。

【T田】ビスクラヴレット(CV:井澤詩織)

野獣のようなスピードとハンマーの強烈な打撃を繰り出すT田が使用するテクニカルな女性キャラ。コイチからの密告によるとT田はかなりの自虐をしていたようですが、ロケテにいったがちょ曰く「ジャンプDだけで荒らせる」との評。

ぐるぐる回転しながら空中から突進するだけの繊細なプレイを、丁寧系理論派プレイヤーのT田ができるか……。

明日は格ゲーマニアのためのトークショーも

と、ここまで知っておけばある程度プレイしたことなくても対戦を楽しめるのではないでしょうか。本作のプロデューサー琢磨Pはインタビュー、そしてお話を聞く限りかなりの格闘ゲーマー。居合アーサーなど、今後の追加キャラも楽しみなタイトルです。

▼【参考記事】琢磨Pのインタビューはこちら
【ファミ通App】 格ゲー『ミリオンアーサー アルカナブラッド』琢磨Pインタビュー

今後の展開が気になることはもちろんですが、とりあえず明日いかに勝利するかが個人的にはポイント。調子に乗るコイチ、コソ練してきているスクエニ三宅さんにいかに天誅を下すか……かなり戦術を練る必要がありそうですね。

The following two tabs change content below.
ケンちゃん

ケンちゃん

twitter ID:@ilpkenchan
二台のスマートフォンを駆使し、さまざまなスマホゲームをプレイする。
人呼んで”スマホのケンちゃん”。
メンバーからは白猫のケンとも呼ばれている。
大の格闘ゲーム好きでもあり、対戦格闘とつけば何でも買う。
『KOF MAXIMUM IMPACT 2』世界チャンプという強烈な実績を持つ。

 - ミリオンアーサーアルカナブラッド, 格ゲー