ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【ストリートファイター5】明日も勝ちたいケン攻略

      2016/09/27

『スト5』でケンを真面目に使っていると、回転王に「こんなとこだけ無駄に丁寧」と熱いディス褒め言葉を貰ったり、ゴジラインメンバーに「がちょさん自分のキャラ分かってる?」と煽られたりと、怒り心頭な丁寧系プレイヤーのがちょです。色んな格ゲーで走って昇竜拳で解決するパナし丁寧なプレイをやりすぎるとあぬ誤解を受けてしまうようなので、みなさんも気をつけましょう。

さて、今回は『ストリートファイター5』でケンの細かいけど勝率アップしそうなテクニックや起き攻めをいくつか紹介します。すでに巷に知れ渡っているものばかりかもしれませんが、「自前調べなのでパクリじゃないよ!」と主張していくスタイルを貫きたいと思います。

今夜勝ちたいケン攻略はこちら

後ろ歩き立ち中Kで投げスカを狩る

ジャンプ攻撃や立ち弱Pをガードさせたりして、有利状況を取ったあとは、後ろに歩いて後退し、立ち中Kを遅めに出すグラップ(投げ抜け)潰しを狙いましょう。最速打撃では潰せない相手の遅めグラップにも、投げスカを暴発させて立ち中Kが刺さるので投げの裏の選択肢として非常に強力です。

立ち中Kがヒットしていたら、ヒット確認して【立ち中K→強K】のコンビネーションに繋ぎ、大ダメージを与えましょう。このとき、相手がしゃがみ弱Pなどで暴れてもだいたいは立ちガードになるため、相手が割り切った中足暴れなどをしない限りはリスクは低いです。

ken2_01

この投げ抜け誘い立ち中Kは、超上級者にはジャンプグラップなどで防がれたりしやすいですが、中級者ぐらいの原人から進化した旧人類あたりのプレイヤーには入れ食いです。

そもそも、立ち中Kのヒット確認ができないという方にちょっとしたコツを伝授しましょう。そのコツは立ち中Kが当たる瞬間に相手が立っているかどうかで判断、これです。立ち中Kはヒット時に相手を強制的に立ち喰らいにするので、相手が立っているときはおおよそは立ち喰らいしてると思ってあまり問題ありません。

なお、4中Pのヒット確認は「ガンバレ!」というしかないですが、「プロでもお漏らし」してると思えば心の平穏が保たれます。

空中EX竜巻旋風脚からの表裏ネタ

空中EX竜巻旋風脚はゴジライン内では「破壊旋風脚」と呼ばれてるほど強力な技ですが、この技は当てやすいだけでなく、ヒットしたらもれなく強烈な起き攻めを仕掛けられます。それでは、まず下記のレシピをご覧ください。

▼空中EX竜巻旋風脚後の起き攻めレシピ

始動:空中EX竜巻旋風脚→立ち弱P→Vスキル~ ①or②or③or④へ

①背面からの打撃
~Vスキル(レバー6方向いれっぱ)→立ち弱P
②正面からの打撃
~Vスキル(レバー4方向いれっぱ)→立ち弱P
③背後からの投げ
~Vスキル(レバー6方向いれっぱ)→4投げ
④原人狩り
~Vスキル(レバー4or6方向いれっぱ)→ジャンプ強P

まず、①の裏打撃と②の表打撃がメインの選択肢で、この表裏だけで無敵技のないキャラにはたぶん完全二択になります。初見の相手に仕掛ける場合は、裏打撃がヒットする可能性は高いと思います。コイチや回転王のようなコイツちょっと知識あって小賢しいなと感じる輩には、いきなり表打撃の選択肢を出しましょう。そういう輩は、「そのネタ知ってるから!」と言いながら表打撃を喰らってくれます。

ネタがばれてきても強力な表裏起き攻めですが、相手が表裏に慣れてきたと感じたらいきなり④の原人狩りを狙っていきましょう。表裏が混ざるとバックジャンプのジャングラを出しにくくなるので、地上で投げスカする可能性は高いです。このときばかりは上級者でも原人の域まで退化すると信じて、ハイリターンな原人狩りを狙っていきましょう。なお、③の投げは抜けられる可能性を考えると無理に狙わなくてもOKです。

ここまで表裏の起き攻めを解説してきましたが、空中EX竜巻の追撃の立ち弱Pのダメージはたかが知れているので、確実にダメージを与えるなら強昇龍拳で追撃して後述のVスキル起き攻めを仕掛けるほうが堅実です。特に端が近いときは、無理に表裏を狙うよりも端を重視した起き攻めを狙いましょう。

奮迅脚(Vスキル)で受け身両対応起き攻め

この起き攻めは一言でいうと、ダウン中にVスキルで距離を詰めて受け身に投げを重ねるというあまりにも単純なものですが、実行している人は意外に少ない印象を感じます。

この起き攻めの強みを簡単にまとめると、

  • 通常受け身、後方受け身、受け身を取らないに対応可能
  • 投げと打撃が大体の場面で重なる
  • 投げスカ狩りを狙える

などです。

相手が通常受け身だろうが、後方受け身だろうが、Vスキルが間合いを自動で詰めてくれるので、ケン側は受け身のモーションの違いを判断して起き上がりに投げか打撃重ねを狙うだけです。なお、受け身はキャラごとにモーションが違うので完璧な重ねにはかなりの練習が必要でしょう。ボクは春麗とカリンに重ねを練習したあたりで飽きました。

ちょっとした注意点として、Vスキルの停止モーション中は投げが出ないというバグ(?)があります。後方受け身にVスキル後、ニュートラル弱P+弱Kで投げを狙うと弱Kが暴発するため、6+弱P+弱K入力で、停止動作を歩きでキャンセルしつつ投げを出すといいでしょう。

Vスキルの相手の受け身モーション判別に全神経を集中。春麗あたりは見た目の違いがわかりやすいです。

Vスキルの相手の受け身モーション判別に全神経を集中。春麗あたりは見た目の違いがわかりやすいです。

 

起き上がりに投げが重なるだけでも強いVスキル起き攻めですが、この起き攻めは相手の投げ間合いの外で急停止できるのもポイントです。投げ間合いの外で投げスカを待つ投げ間合いの外で無敵技を待つのがスト5でどれだけ強いかはお分かりになるかと。

▼Vスキル起き攻めの狙いどころ
・中昇龍拳(地上・空中ヒット)
・強昇龍拳(地上ヒットは3Fパンチャーにはシビア)
・EX昇龍拳
・EX竜巻旋風脚(3Fパンチャーには投げは×)
・弱or中竜巻旋風脚
・足払い(先端ヒットは投げは×)
・クリティカルアーツ(中Kが重なる。投げは×)
※3Fパンチャー:リュウ、春麗、カリン、キャミィ、ミカ、バルログ、ネカリ、ララ

投げを重ねるのが難しいだけでも怒りを覚えそうになる3Fパンチャー共ですが、EX竜巻後に後方受け身されると投げが重ならないのは個人的にかなりピキりポイントです。幸い打撃は重なるので、打撃重ねで黙らせてから投げを仕掛けましょう。打撃を重ねるときは、投げと同じ発生5Fのしゃがみ中Pか、リターン大の4中Pがおすすめです。ちなみに、EX竜巻はかなり運べるので、端攻めしたい人は1ゲージを吐く価値ありです。

クリティカルアーツで確定削り殺し

『スト5』ではクリティカルアーツでのみ削り殺しができますが、ケンはこの削り殺しを最大限に活かせるキャラであることをご存知でしょうか。ちなみに自分は100回以上はクリティカルアーツで削り殺してる自信があります。

まずは、ケンのクリティカルアーツの削りダメージ分の60ほどまで体力を削りましょう。そのあとは・・・

①無敵技を使えない(持たない)相手の目の前でぶっぱなす

これだけで相手が地上にいると詰みです。無敵技がなく、EXもアーマー系のキャラにおすすめですね。ただパナし気味なのであまり美しくはないのがマイナスです。

②波動拳→クリティカルアーツで確定削り

この奥義のポイントは、波動拳→クリティカルアーツは暗転後にVリバーサルが出せないことです。2中K→波動拳→クリティカルアーツだと、2中Kと波動拳の間に相手はVリバーサルを出さないとダメで、仮にVリバーサルを喰らってもクリティカルアーツが出ないためゲージを無駄にしないのも強いです。この奥義本当によく効きます。

③ジャンプ強K→【4中P→強P】→中竜巻(1段目)→Vトリガー→【4中P→強P】→中昇龍拳(2段目)→クリティカルアーツ

根性値込みで120ダメージ分ほどの体力を消し飛ばせる最終奥義です。ただし、相手にVゲージが1本でもあるとダメな上に、削り中も相手のVゲージが溜まるのが弱点です。狙いどころは、相手がVトリガー発動中、Vトリガー終了直後のVゲージほぼ0の状態などです。決まると脳汁がブシャーと出るので、狙いすぎに気をつけましょう。もれなく勝率、下がります!(実体験)

ちなみに、これら削りKOは相手の体力が低くなると根性値のせいで、体力満タンで見る削りダメージよりも少なくなることに気をつけましょう。動画内では、実際に体力1000のケンと体力900のカリンを削り殺せるギリギリの体力で撮っているので、参考にしてください。

削り殺しの妙技わかっていただけたでしょうか。決まり手としてかなり信頼度が高いだけでなく、詰ませてやった感でドヤ顔できるなど中毒性が高い勝ち方です。なお、しっかりと体力計算できないと、ドヤ顔するどころか逆に相手に煽られる危険性もあるので要注意です自分は20回以上は体力を見誤って死んでます。

 

以上、ゴジライン的ケン攻略第二弾をお届けしました。

スト5のケンは調べれば調べるほどかなり作りこんでる感がすごいですね。これぐらいの作りこんだキャラが新キャラにくることを期待しています!アレックスのことはもう忘れました。

The following two tabs change content below.

がちょ

フレームの神と呼ばれた男。
この男が作ったフレーム表は数知れず。
持ち前の調べもの力を活かして、キャラゲーの発売初日に永久コンボをひっさげて現れることも珍しくない。
「走ってきて無敵技しか打たない」と言われるほどの力強いプレイスタイルは、ゴジラインでも異彩を放っている。

 - ゴジライン記事, スト5 , ,