ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【グランブルーファンタジーヴァーサス】今夜クローズドβテストで勝ちたいランスロット攻略【GBVS】

      2019/06/02

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(以下、グラブルVS)に登場するランスロットのおすすめコンボや立ち回り、アビリティ(必殺技)解説をお届けします。対戦動画もあり!

※本記事は5月31日開始のクローズドβテストのゲームに基づいています。製品版の内容とは異なる場合があるのでご了承ください。

▲双剣を使うイケメンくんのランスロット。スピードスター枠です。

ランスロットは通常攻撃のリーチは短いものの、それを補ってあまりあるスピードと手数で敵を翻弄して戦うキャラクター。飛び道具や突進技も優秀なので好き勝手動きたいタイプのプレイヤーにおすすめだ。


アビリティ(必殺技)紹介


ヴォーゲンシュトローム


横方向に進む飛び道具を打ち出す。発生こそかなり遅めだが、密着でガードされても有利で攻めを継続しやすいのが特徴。けん制で使う場合は、ダッシュで追いかけて、ガードされたらそのまま攻め込み、相手が避けようとしたらそこを狙って迎撃していこう。弱版は密着ガードされても五分。
EX版は3ヒットになり当たったときの有利時間が長くなる。起き攻めや攻め継続、けん制などに使っていこう。弱点としてはクールタイムが非常に長くなること。

ブレードインパルス

短剣を突き刺すように前方へ高速で突進する。弱版は相手の前方で停止し、強版は相手の後方にすり抜ける。弱版はガードされると反撃を受けるが、中版は密着から出すとすり抜けるので反撃を受けにくい。コンボからダウンを奪い密着から起き攻めできるのが強み。
強版は画面端なら壁バウンドして追撃できるため、コンボで狙っていこう。ガードされても反撃は受けず、先端ヒットで追撃できるので奇襲技としても優秀だ。

サザンクロス~追加攻撃

薙ぎ払いから始まる追加入力形式の連続攻撃。弱・中版は3段技で、強版は5段技となっている。
弱・中版は1段止めなら微不利で反撃を受けないので、固めに使っていこう。相手が1段目のあとに暴れるなら追加を出せば暴れ潰しになるが、2段目・3段目ともに反撃を受けるため、どこまで追加を出すかのチキンレースを仕掛けてみるのもあり。中版は発生が若干遅く、暴れ潰しなどにも便利だ。
強版は4段目まで反撃を受けない。ガードさせるだけでもゲージがモリモリ溜まる。
共通で確定ダウンを奪えるため、ここから起き攻めを仕掛けていこう。

トゥルブレンツ

通常版 タメ版

前方斜め上にワープする移動技。移動後は空中でジャンプ攻撃などを繰り出せる。弱と中の違いは前方への移動距離で、弱のほうが短く、中のほうが長い。
強版はランスロットの貴重な無敵技で移動するまで無敵がある。画面端からの脱出やとっさのごちゃらせに使おう。

タメ版は真下に突きをしながら落下する攻撃で無敵あり。ガードされると反撃を受けるが、通常版を見越して対空迎撃してくる相手に使っていこう。

ヴァイス・フリューゲル

前方に突進攻撃を繰り出す奥義。無敵時間があるので、飛び道具抜け、暗転返しなどに役立つ。発生は少し遅め。

シェーナー・ヴィンターヒューゲル

後方にジャンプしたあとに、氷の壁を蹴って斜め下に突進攻撃をする解放奥義。無敵時間はあるが、攻撃と同時に無敵が切れるのか割り込みとしての信頼度は低い。一応、ガードされても反撃は受けにくい利点あり。リーチには優れているので、遠くからのぱなしや対空などに使っていこう。なお、画面端に追い詰められた状況で割り込みに使っても、相手がしゃがみ攻撃を出していると当たらないことも…。

特殊技: 三角跳び

6入力版 3入力版

画面端で壁を蹴って移動する。6入力版は前方に長い距離移動し、3入力版は斜め下に急降下する。壁際ならジャンプ攻撃をキャンセルして繰り出せて、さらに三角跳び後にジャンプ攻撃が出せるなど悪さができそうな技の予感がします…。

特殊技: ヴィルベルヴィント

急停止 回り込み
フェイント ジャンプ

前方に高速移動する技で、そこからさらに派生を出せる。急停止はその場で停止。回り込みを相手をすり抜けて背後に回れる。フェイントは後方にステップして距離を取る。ジャンプはトゥルブレンツと同じく斜め上にワープする。
通常攻撃からキャンセルで出しても、最速で相手に暴れられると派生が出せずに潰されるので、あくまで連係のアクセントや起き攻めとして使っていこう。

特殊技: ヴィルベルヴィント(空中版)
ジャンプ中に急降下して着地する奇襲移動技。位置によっては相手をすり抜けて着地できるので、表裏がわかりにくい着地などができる。ハイジャンプで移動すると見せてすぐ着地するといった使いかたも可能だ。

ランスロットの基本戦術


ランスロットはけん制技のリーチに乏しいので、あまりけん制技を振るよりも飛び道具の弱ヴォーゲンシュトロームを盾にダッシュしていっきに接近戦を仕掛けていきたい。あえて通常技を振る場合は、リーチのある遠距離立ち強[c]中サザンクロス(214+中)がおすすめだ。

跳び込む場合は、ジャンプ中がめくりを狙えるので非常に優秀。ジャンプ、ダッシュジャンプ、ハイジャンプ、トゥルブレンツ(22+弱or中)などを駆使して跳び込んでいこう。ただし、ジャンプ攻撃は下に強い技がないので少し引き付けて当てるように注意したい。ジャンプ強は2段技でやや下に強い。

▲跳び込みジャンプ中はめくり気味に跳ぶと落とされにくくガードを崩しやすい。

対空はしゃがみCがそこそこ強い。落ちない跳び込みには空中投げ、昇りジャンプAなどを駆使して対空していこう。

▲事前の心構えは必要だがしゃがみ強が対空として役立つ。カウンターヒットしたら追撃していこう。

▲しゃがみ特殊はスライディングで、低姿勢の優秀な攻撃。打点の高い飛び道具やけん制技を避けつつ攻撃できる。先端を当てれば反撃は受けづらい。

ランスロットの接近戦

相手に密着できたら、しゃがみA→【立ちA・A・A】の連係で固めていく。基本的にどこで止めても微不利なので、続く固めパーツでごまかしつつ攻めよう。

【接近戦固めパーツ】
・弱サザンクロス(214+弱)…連続ガードで1段止め微不利。派生で暴れ潰し可能
・中サザンクロス(214+中)…暴れ潰しで1段止め微不利。ヒット確認追加やしゃがみカウンター(?)で追撃可能
・弱ヴォーゲンシュトローム(236+弱)…暴れに負けるが密着で五分。端の固めパーツに
・強ヴォーゲンシュトローム(236+強)…暴れに負けるがガードさせると超絶有利
・ヴィルベルヴィント~ジャンプ(特殊~2+特殊)…奇襲で跳び込み
・トゥルブレンツ(22+弱or中)…奇襲で跳び込み第2弾
・オーバーヘッドアタック(中+強)…立ち暴れには負けるが下段を潰せる&カウンターで追撃可能
・投げ…近距離立ち弱・弱などでわざと止めてから
・回り込み(6+ガード)…共通システム。相手の背後に回り込む。不利だが意表をつける

▲近距離立ち弱・弱で止めてからの投げを見せると、暴れ潰しの中サザンクロスが決まりやすくなる。様々な行動で相手をほんろうしていこう。

今夜勝ちたい連続技

1..しゃがみ弱→【近距離立ち弱・弱・弱】[c]弱サザンクロス~追加攻撃(214+弱or強)

2..【相手画面端付近】【近距離立ち弱・弱・弱】[c]強ブレードインパルス(66+強)→【近距離立ち中・中・中】[c]中サザンクロス~追加攻撃(214+中)

3..【空中の相手に/カウンターヒット】しゃがみ強[c]ヴィルベルヴィント~急停止(X~X)→弱サザンクロス~追加攻撃(214+弱or強)

1は基本連続技。サザンクロスは強版だとダメージアップになる。ゲージがあるなら、すぐにヴァイス・フリューゲルやシェーナー・ヴィンターヒューゲルにつなごう。しゃがみ弱→しゃがみ弱の下段を刻むコンボの場合は、ヒット確認が大変なので簡易コマンドのほうを使うのもありだ。しゃがみ弱が少しでも離れると続く近距離立ちAが空振りすることが多いので、始動パーツをしゃがみ弱・しゃがみ弱でヒット確認することも重要だ。
2は画面端限定コンボ。3は対空でカウンターヒットした状況の限定コンボ。他にも、しゃがみ強後にダッシュ~【近距離立ち弱・弱・弱】[c]ヴァイス・フリューゲルも可能だ。

ランスロット対戦動画

The following two tabs change content below.
goziline

goziline

ゲームを最大限に楽しむ集団【ゴジライン】
キャラゲーの対戦相手を求めるゲーマーを中心に2015年7月に組織されたゲーミング集団。
遊んだ格闘ゲーム、キャラゲーの数は宇宙一を自負している。
お金かゲームソフトをくれる物言わぬスポンサーは随時募集中。

 - GBVS, グラブルVS, グランブルーファンタジーVS, ゴジライン記事