ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【イベントレポート】垣根を超えたキャラクターたちが集結!「箕星太朗キャラクター展~888EYES」に行ってみた

   

東京都、新宿のギャラリーエルシャダイにて、2017年12月8日から2018年2月6日の期間中、「箕星太朗キャラクター展~888EYES」が開催されています。箕星太朗氏がこれまでに生み出したキャラクター444人を展示する個展となっており、ゲームメーカーや出版社の垣根を超えたイベントとなっています。『ラブプラス』や『めがみめぐり』、『イグジストアーカイヴ』、『GODWARS』、『√letter』、『制服ロビンソン』など、さまざまなコンテンツのキャラクターたちに会えるのです。

△箕星太朗氏のデザインしてきた、様々なキャラクターたちがギャラリーエルシャダイに集結。

箕星太朗キャラクター展~888EYES
開催場所:ギャラリーエルシャダイ〒160-0023東京都新宿区西新宿7-17-5 西新宿NTビル2階B室)
TEL(03)6873-5748

開催期間:2017年12月8日〜2018年2月6日
※「箕星太朗キャラクター展~888EYES」の期間中、営業時間を下記のように変更させていただきます。
営業時間:14時~20時、
定休日:水曜日、2018年1月1日~1月6日
料金:Wi-Fi電源ドリンク代込み1時間 500円、以降30分ごとに250円(お支払いは現金またはクレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners、DISCOVER)、交通系電子マネーがご利用できます。展示会閲覧料は上記に含みます。

イベント限定グッズ情報などは公式サイト参照

444人のキャラクターということで、おなじみのキャラクターはもちろん、コアなファンも唸るようなキャラクターも多数展示されています。『ラブプラス コレクション』で「4人目のカノジョ」として発表されていた雪乃玲の版権イラストを大きなサイズで見られる機会が来るとは。
ゲーム方面以外のキャラクターも展示されていて、「Gatebox」のプリインストールキャラクター「逢妻(あづま)ヒカリ」のイラストなども見ることができます。(「Gatebox」は、「次元を超えること」をコンセプトとするデバイスで、3Dキャラクターを投影し、コミュニケーションを取レるというとてもクールなオタクアイテムです。)

△会場で販売されている『箕星太朗キャラクター展 図録』には、会場内に展示されているキャラクターイラストが大量に収録されています。現地にいくのが難しいという方は、通販での購入も可能なので、早めにチェックしておきましょう!

また、ギャラリーエルシャダイでの個展開催を記念した『エルシャダイ』コラボアートも展示されています。『エルシャダイ』の主人公であるイーノックが初めて、自由の民ナンナという盲目の少女と出会うシーンと、それを報告するルシフェルを描いた作品です。そう、このギャラリーエルシャダイは、「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ問題ない」で話題になったゲーム『エルシャダイ』の世界観をテーマとしたスペースなのです。(ギャラリーエルシャダイは、時間制の料金形態をとっており、フリードリンク、フリーWi-Fi、電源を完備しています。「ノマドれるギャラリー」としても好評を博しています。)

箕星太朗氏がキャラクターデザインを手がけたコンテンツには、不思議な透明感があり、シーンの一つ一つが受け手にこんこんと響きます。過去となった作品からは、いろいろな思い出が呼び起こされます。今後が見えている作品からは、いろいろな想像と希望をもらいます。思い出のキャラクターや、思い出になるかもしれないキャラクターたちが揃う展示会、是非ご覧になってください。

△会場内に設置された交流ノートには、展示会に来場した方からのメッセージやイラストなどが書き込まれています。訪れた際は、一筆記念に書いてみてはいかがでしょうか。


箕星太朗公式サイト

The following two tabs change content below.
goziline

goziline

ゲームを最大限に楽しむ集団【ゴジライン】
キャラゲーの対戦相手を求めるゲーマーを中心に2015年7月に組織されたゲーミング集団。
遊んだ格闘ゲーム、キャラゲーの数は宇宙一を自負している。
お金かゲームソフトをくれる物言わぬスポンサーは随時募集中。
goziline

最新記事 by goziline (全て見る)

 - ゴジライン記事