ゴジライン

ゲームを最大限に楽しむ集団 【ゴジライン】公式ホームページ

【SAMURAI SPIRITS】今夜勝ちたいウォーデン攻略【サムスピ】

   

最近は、体の98割がサムスピの知識で構築されている「伝説のオタク」です。先日、「ForHonor」からのコラボで「ウォーデン」が参戦してきたので、戦友であるコイチさんに代わって攻略記事を書かせていただきます。

△FORHONORでは、ガードをこじ開けるショルダーバッシュがとにかく力強いウォーデン。2D格闘ゲームにどう落とし込まれているのか非常に楽しみなところ。

ウォーデンどんなキャラ?

鎧を纏った騎士であるウォーデン。全キャラ中トップの体力と、低い軌道のジャンプが強みの重量級キャラ。原作を忠実に再現しており、通常技からヴァンガードの行軍という派生技に移行できるのが最大の特徴。これが従来のキャラにない特殊な読み合いをもたらした。対策していなければ現役勢でも今夜中に対応するのは至難だろう。

今夜勝てる度:A

ウォーデン主力技&技解説

ゴジラインさんのやり方に合わせて、「今夜勝つため」に優先度の高い技に絞って紹介します。ウォーデンは令和の格ゲーに必殺技2つだけで参戦という硬派な仕様なのか、通常技にはかなり優秀なものが揃っています。
<ウォーデンコマンド表>

<主力通常技>

ジャンプ中斬り★★★★★

横方向に絶大なリーチの突きを放つ、ウォーデンの超主力技。中~遠距離からの跳び込み、けん制、空対空など用途が多い。先端距離なら迎撃されにくくローリスクに相手をけん制できる。まずはこの技をいっぱい振って空間を制圧していこう。

ジャンプ強斬り★★★★★

ジャンプ中斬りよりもリーチは劣るが、下方向への判定が厚く威力が高い。これが届きそうな距離まで近寄れたら、ジャンプ中斬りからこちらに切り替えよう。一応わずかにめくり判定もあるがシビア。めくれちゃったら今日はきっと運が良い。

ダッシュ弱斬り★★★★

発生は最速クラスのコンパクトな打撃。リーチもそこそこ長く、ガードされたり空振りしてもスキは小さい。どこを見ても全キャラ中トップクラスのダッシュ攻撃。中距離からの攻めの起点として優秀。

近距離中斬り★★★

発生前にガードポイントがあるのが特徴。ヒット時は後述する派生技「ヴァンガードの行軍1」が連続技になる。ガードされてもスキが小さいので近距離戦でとりあえず押してみよう。
ガードポイントを生かせば対空にも使うことができ、空中の相手にカウンターヒットすると後述するヴァンガードの行軍1まで連続でヒットする。

ダッシュ中斬り★★★★

近中斬りよりも発生が速く、キャンセルから武器飛ばしにつなぐことが可能。空振りキャンセルでヴァンガードの行軍1を出すこともできる。差し合い、反撃、コンボなど使いどころは多いが、ガードされてしまうとスキが大きい点にだけは注意。

ヴァンガードの行軍1 (近中斬りorダッシュ中斬り後、中斬り)

近中斬りとダッシュ中斬りから派生できる特殊技。威力自体は平凡だが、ここからウォーデンのアピールポイントである「ヴァンガードの行軍2」に中継するための技。
近中斬りとダッシュ中斬りがガードされていると弾かれモーションとなり派生出来ない点に注意。ただし素手状態の相手にはガードされていても派生出来るため強力。

ヴァンガードの行軍2★★★★(ヴァンガードの行軍1 or 遠距離中斬り or 近強斬り後に強斬り)

ヴァンガードの行軍1からの追加派生技で、高威力の中段。行軍1からは連続技にはならないものの、行軍1がヒットしていた場合は無敵技以外で割り込むことができない。「相手の目の前でダッシュ中を空振り→行軍1→行軍2を押し付けるムーブは今夜勝ちたい人向け。

また、行軍2の入力を蹴りボタンにすることでフェイントが可能。行軍2を警戒して固まる相手に、投げや下段択を仕掛けていく攻めがウォーデンの醍醐味だ。

■その他の派生始動技

遠距離中斬り

全キャラの遠中斬りと比較するとリーチは控えめだが行軍2に移行可能。他の派生技とは異なり、遠中斬りヒット→行軍2の合間はジャンプや小技で割り込まれてしまうので注意。今夜バレなければ問題はない。

近距離強斬り

主にコンボや反撃で使うことになる高威力の近強斬り。ここからも行軍2に移行可能。こちらは無敵技以外で割り込まれない上にダメージが高い。また、遠強斬り同様、発生前にkボタンでフェイントが可能なので覚えておこう。

<ヴァンガードの行軍まとめ>

1、近中斬りとダッシュ中斬りからは連続ヒットする行軍1へ
2、行軍1や遠中斬り、近強斬りからは単発中段技の行軍2へ または 行軍2フェイントから投げやパリィへ連係しよう

遠距離弱斬り★★★

剣を斜め上方向に突き上げる。発生、判定共に優秀なので対空として優秀。咄嗟の跳び込みにも反応しやすいので、中~遠距離では常に構えておきたい。

遠距離強斬り

画面半分程をカバーする絶大なリーチの強斬り。発生前に蹴りボタンを押すことで動作を中断するフェイントが可能。
中~遠距離でフェイントを散らしておくことで「圧」となり、相手の意識を受けに回しやすい。跳びを誘ったり、固まる相手に接近するチャンスを作れる。

不意打ち★★★

全キャラ中最大のリーチを誇る不意打ち。相手の足元を狙って突くため、一見下段に見える中段。先端ならガードされても反撃を受けにくい。

しゃがみ強斬り★★★

発生もそれなりに速くリーチに優れた下段。不意打ちの対の択として使いやすい。ヒット時はダウンを奪えるためリターンは高いが、跳ばれると危険なので使いすぎない程度に先端当てを狙おう。

ジャンプ弱斬り

上方向に判定が強いため、昇りで出せば対空に使いやすい。遠距離の対空には立ち弱斬り、近距離はジャンプ弱斬り対空を使い分けよう。

ジャンプ蹴り

判定と持続に優れた下方向に強い跳び蹴り。通常技では迎撃されにくく、無敵技で迎撃するためにはかなりの意識とカロリーを要する。強引に触りにいきたい状況で役立つ。

しゃがみ蹴り

発生は最速クラスのコンパクトな下段。近距離の刻みや暴れに使おう。ヒット後は五分の状況になる。

■必殺技解説

ショルダーバッシュ(236+斬り)

その場で停滞してからタックルをぶちかます。斬りボタンの強弱による変化はないが、ボタンの長押しで停滞時間が伸び性能が3段階まで変化する。
通常版  :ガードさせて五分の状態となり、ヒット時は小技(近弱orしゃがみ蹴り)がつながる。
微タメ版 :ヒット時に近強斬りがつながり、ガードさせてこちら側が有利になる。
最大タメ版ガード不能。タックル部分にガードポイントも付与されるが、空中の相手にはヒットしない弱点も生じる。

パリィ(214+斬り)

前方に剣を構える当身技で、打点の高い斬撃技を受け止められる。成立時は相手がロックされ、特殊なやられ状態になるので、確実に追撃を狙える。なお、飛び道具を反射出来る点も優秀注意点として剣を構えている部分に当て身と反射の判定があり、後頭部や打点の低い攻撃は受け止めることができない。弾きとは異なる性質を生かして守りに使おう。

ブラックストーンバッシュ(236+中斬り+強斬り)

横方向に剣を突き、ヒットすると相手をロックして連続斬りを叩き込む武器飛ばし必殺技。リーチが長いため連続技に組み込みやすく、遠めの跳びへの対空に使えないこともない。ヒット後の相手が素手状態なら、ヴァンガードの行軍始動技をガードされても派生技を出すことができるので、ダッシュ中斬りからラッシュを仕掛けよう。

投石器(641236+強斬り+蹴り)

剣を逆手に柄の部分で殴りつけ、ヒットすると相手をロックして投石器から燃えた岩を放つ。初段のリーチは画面半分以上届くため、弾きからや反撃で決めやすい。技名というよりは普通に道具の名前。

ウォーデンの基本戦法

【遠距離戦】

ジャンプ中斬りの絶大なリーチが生きる距離。この技の空間制圧力を盾にダッシュで接近していこう。
ジャンプ中斬りに対して、相手が遠目の地対空を狙ってくるなら、下方向に強いジャンプ強斬りで叩き潰すとよい。

△とにかく長いジャンプ中斬りの先端を当てるように飛び込んで主導権を握ろう。

飛び道具で応戦してくる相手には「パリィ」での反射が役立つ。特に「風斬 プラズマブレード 焦熱魂」のような反射しても消えない弾には有効な一打となる。

△遠距離から飛び道具を撃つ相手にはパリィが対策となる。跳ね返したあとはダッシュで距離を詰めよう。

【中距離戦】

ダッシュ弱斬りとジャンプ強斬りがメインとなる距離。これらでガードを固める相手には、不意打ちとしゃがみ強斬りで2択を仕掛けるのが強い。まとまったダメージを取りたい場合は、ダッシュ中斬りから派生技を仕掛けたい。ただし、ダッシュ中斬りはガードされてしまうとスキが大きいため、相手の技のスキに当てるか、目の前で空振りして行軍1を狙おう。

△とにかく長い中段の不意打ち。この技を警戒する相手にはしゃがみ強斬りを思い切って振っていこう。

https://twitter.com/den_ta9/status/1279285204654284800

△ダッシュ中斬りによる接近は空振り時に一見無防備に見えるが、続けて中斬りを押すことで行軍1に派生することができる。差し返しを狙う相手に有効だ。

【近距離戦】

近中斬りからヴァンガードの行軍連係を狙える間合い。近中斬りはガードされた時のスキが小さく、相手のけん制技をガードポイントで受け止めながらねじ込めるのが強み。行軍1のヒット後は、中段かつ無敵技以外で割り込まれない行軍2までヒットすれば大ダメージを与えられる。行軍2を恐がってガードを固める相手に対しては、フェイントからダッシュ投げやしゃがみ強斬りを仕掛けよう。不利な状況ではしゃがみ弱斬りや蹴りで暴れたり、跳ばれたらバックジャンプ昇り弱斬りで対空迎撃ができればベストだ。

△近立ち中斬りはボタンを押してから体感2、3F後にアーマーが発生するので微不利の状況でも強気に押していくことができる。うまく使えば咄嗟の対空技にもなるので忘れぬように。

今夜ハメたいタックル起き攻め

ショルダーバッシュは立ち回りでは少々使いにくいが、画面端の起き攻めに使うと面白い。怒り時に画面端で行軍2を決めた後が仕掛けるチャンス。バックステップ(なぜかショルダーバッシュのみキャンセル可能)からショルダーバッシュを溜めれば、前方受け身に対して最大タメのガード不能を重ねることができる。重ねが完璧ならジャンプで回避されても技の硬直が減り、昇りジャンプ弱斬りなどの対空迎撃が間に合うこともある。後ろ受け身に対しては微溜め版がジャンプ防止になるので、最大タメとの2択になる。

https://twitter.com/den_ta9/status/1279077836909735939

△読み合いではあるが、決まれば一気に試合を決められる破壊力があるため狙う価値はある。前受け身に技を重ねると、避けから反撃を受けてしまうが、展開が速く完全に対応するのは難しい。タイミングを遅らせるなどして選択肢を散らしていこう。

今夜勝ちたい連続技

1、防御崩し→【ダッシュ中斬り~ヴァンガードの行軍1】or しゃがみ中斬り[c]武器飛ばし

2、ジャンプ中斬り or ジャンプ強斬り(深当て) → 【ダッシュ中斬り~ヴァンガードの行軍1】 or ダッシュ強斬り

3、パリィ(地上攻撃パリィ成立後)→【近強斬り~ヴァンガードの行軍2】 or 遠強斬り

4、パリィ(ジャンプ攻撃パリィ成立後)→ダッシュ強斬り or 微ダッシュ武器飛ばし

5、ショルダーバッシュ(微タメor最大タメ)→近強斬り

 

伝タク的ウォーデン所感

今夜勝ちたいウォーデン攻略は以上となります。次回があればまたお手伝いします。ウォーデンは今後の研究と発展に期待です!
読んでいる途中でウォーデンはいいかなーって感じた人はここまで見てないと思うので、最後に一つ。超主力技と推しているジャンプ中斬りは、実はほとんどのキャラのしゃがみにはヒットしないという弱点もある。格ゲーマーは本能的にジャンプを見てからしゃがむ人は少ないので、バレても正直そこまで問題はないだろう。けど、相手が知らない方が気持ちよく振れるのでなるべく黙っておこう!

The following two tabs change content below.

 - 格ゲー , ,